カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

移籍の戸根は「大化けする可能性を秘めた投手」…克服すべき課題は?

2022年12月18日

移籍の戸根は「大化けする可能性を秘めた投手」…克服すべき課題は?

広島が2022年12月9日、現役ドラフトで巨人から戸根千明を獲得した。層の薄い左のセットアッパーとして掛かる期待は大きい。スポーツ紙デスクはこう語る。

「今季は9試合登板で防御率5.02と結果が出せなかったが、直球の威力は十分で変化球もキレがある。あとは課題の制球難を克服できるか。きっかけをつかめば、大化けする可能性を秘めた投手だと思います」

6年間で通算158試合登板

戸根は1年目の2015年に46試合登板で1勝1敗1セーブ5ホールド、防御率2.88をマーク。身体能力が高く打撃センスも光るモノがあったことから、20年には投手と野手の「二刀流」に挑戦したことも。6年間で通算158試合登板した経験を新天地でも生かしたい。

広島への移籍が決まると、自身のツイッターを更新。「広島カープの関係者の皆様、そしてファンの皆様、これからよろしくお願いします。カープの為に一生懸命腕を振りたいと思います!!」と誓った。

戸根には広島でお手本になる「元巨人」の先輩がいる。一岡竜司だ。13年オフに巨人へFA移籍した大竹寛の人的補償で広島に移籍すると、セットアッパーで16~18年のリーグ3連覇に大きく貢献。近年は調子を落としていたが、今季は8月6日の阪神戦(マツダ)で4年ぶりの白星を挙げ、プロ通算100ホールドポイントに到達。10試合登板で防御率2.08と復活の兆しを見せた。

戸根は巨人に8年間在籍。古巣に対し、特別な思いは当然あるだろう。今オフに無償トレードで広島から巨人に電撃復帰した長野久義に、7月16日の広島戦(東京ドーム)で満塁弾を浴びたが、今度はユニフォームが入れ替わる形となった。長野にリベンジを果たし、巨人打線を抑えることができるか。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

森下、今季は登板しない『方針』を確認!疲労考慮&防御率1点台確保

森下、今季は登板しない『方針』を確認!疲労考慮&防御率1点台確保

広島・森下暢仁投手(23)は、今季の残り試合に登板しない方針となった。7日の阪神戦後に佐々岡監督が明らかにした。 試合前に、指揮官と森下が話し合い最終決定。 佐々岡監督は、「新人で1年間投げて、相当疲 …

矢野雅哉が新型コロナ陽性…共に自主トレの菊池涼介も検査し結果待ち

矢野雅哉が新型コロナ陽性…共に自主トレの菊池涼介も検査し結果待ち

矢野、菊池涼、羽月は24日まで静岡県内で自主トレ 広島は25日、矢野雅哉内野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。症状としては喉の痛みがあり、現在自主隔離中だという。 矢野は、24日まで …

薮田、新フォームは左足上げて少し止まる『2段モーション』「安定」

薮田、新フォームは左足上げて少し止まる『2段モーション』「安定」

広島・薮田和樹投手(28)が21日、オリックス・山本由伸投手(22)を参考に新たな投球フォームに取り組んでいることを明かした。投球時の安定性を高めるために、上げた左足を一度静止させてから投球する「2段 …