カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島・森下が「月間JERAセ・リーグAWARD」6・7月度に選出

2023年8月7日

広島・森下が「月間JERAセ・リーグAWARD」6・7月度に選出

セ・リーグは7日、今季新設された「月間JERAセ・リーグAWARD」の6、7月度の受賞者に、広島・森下暢仁投手(25)を選出したと発表した。

勝利に最も貢献した選手を公式記録員が独自の視点でノミネート。6球団のレジェンドOBとして佐々木主浩さん、川上憲伸さん、前田智徳さんら6人の合議で毎月、月間大賞を選ぶほか、年間大賞も選出する。6月は交流戦の戦いが多かったため、今回は6、7月の2カ月分で選考した。

森下は6月と7月に計5試合に登板して、3勝1敗。6月28日のDeNA戦(マツダ)では7イニング2失点、プロ初本塁打となる決勝3ランも放ち勝利投手になった。さらに、7月12日の巨人戦(東京ドーム)では完封勝利。

7月22日の中日戦(マツダ)では8イニング3失点、同点の7回に二塁打を放ち自ら勝ち越し点を呼び込んで勝利投手になるなど投打にわたる活躍を評価された。

前田さんは「ここにきて実力通りのピッチングをしている。ホームランも打ってビックリした」と語り、川上さんは「打つ方でも活躍しているし、今年はすごい粘り強いピッチングをしている」と評価した。

他の5球団ではDeNAのトレバー・バウアー投手(32)、阪神・森下翔太外野手(22)、巨人・山崎伊織投手(24)、ヤクルト・川端慎吾内野手(35)、中日・宇佐見真吾捕手(30)がノミネート。

投票では本領を発揮してきたバウアーが2票、7月12日のDeNA戦(甲子園)でバウアーから同点弾、9回にサヨナラ犠飛を放つなど勝負強い活躍を評価された阪神・森下に1票が投じられたが、広島・森下が3票を集めて、6、7月の月間大賞となった。

(※引用元 中日スポーツ

関連記事

小学生から豊かな才能とヤンチャで地域にその名を轟かせた!鈴木誠也

小学生から豊かな才能とヤンチャで地域にその名を轟かせた!鈴木誠也

スーパースターの少年時代 あの怪物選手の子どものころの逸話を大公開!野球に詳しくないような人でも名前くらいは知っている……。そんな“超有名”プロ野球選手の少年時代のエピソード! 2020年5月、宝島社 …

野間のFA残留表明に「心から喜べない」の声…来オフ流出の可能性?

野間のFA残留表明に「心から喜べない」の声…来オフ流出の可能性?

今季8月に国内FA権を取得し、今オフの動向が注目されていた広島のプロ8年目・29歳の野間峻祥。21日、権利行使はせずチームに残留することになったと複数メディアが報じた。 報道によると、野間はこの日本拠 …

捕手専念の坂倉将吾はどうか?打てる捕手は「スーパーキャッチャー」

捕手専念の坂倉将吾はどうか?打てる捕手は「スーパーキャッチャー」

今季すごく興味を持っているのが、広島の坂倉将吾です。昨年まではサードやファーストでも起用されていましたが、今季はキャッチャーに専念します。 坂倉は2021年にセ・リーグ2位の打率.315(首位は鈴木誠 …