カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

2018年8月17日

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

「打ち取った」ではなく「打ち取れた」

キャッチャーとしてマスク越しに見た代打論を語っていきましょう。どういうタイプが嫌で、どういうタイプがくみしやすいのか。やっぱり、初球からしっかりタイミングを取れて、来たボールに対してスイングできる代打は嫌でしたね。

一方で、代打というのは基本的に、1球でボールを仕留められないだろうと思っていました。その日初めて見る生きたボールを初球から振りにいって、しっかり合わせてくるバッターというのは皆無に等しかったといっても過言ではありません。

ですから、キャッチャーの立場からすると、とにかくワンストライクは取れるだろう、と。本当の勝負どころ以外の場面では、ピッチャーには初球ストライクを要求していました。

真っすぐでファウルを打たせようとするのか、変化球を見送らせてカウントを整えるのか、そこは判断になるんですけど、代打イコール、ボールから入って様子を見ようという考えは少なくとも僕にはなかったです。

それだけバッテリーは、代打を迎えた場合、精神的優位に立っているということです。ですから代打にポンと出てきてヒットを打つのは至難のワザなんです。

スタメンで出ている選手というのは、それまでの打席で何度かスイングしたりボールを見る中で、そのスピードに慣れたりしてるわけじゃないですか。逆にいえば、まったくプロセスがないまま打席に入って、一振りで仕留めることができていた人というのはすごいんです。

そこで思い出したのは広島の前田智徳です。彼の場合は、たとえファーストストライクが取れたからといって、こっちが有利になったとは感じないんです。追い込まれても普通の野球選手にはないバットコントロールの技術を持っていた。

ですから仮にアウトにしても、言葉で表現すると「打ち取った」ではなくて、「打ち取れた」になるんです。ほかの代打というのは、こう打ち取ってやろうというイメージどおりに「打ち取った」、でも前田の場合は「よかった、打ち取れた」。

それぐらい前田のバッターとしての質、レベルは傑出していました。バッターボックスでもオーラ、雰囲気は感じましたよ。それだけのバッターだということをファンの人も含めて周りも認めているし、ピッチャーも感じていたはずです。 (写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

広島・中村奨が21日、高卒3年目の来季へ悲壮な決意を明かした。「そろそろクビを覚悟しないといけない年齢になった。ドラ1で入って何もしていないわけですから」。17年夏の甲子園で1大会最多の6本塁打を放ち …

新井貴浩の『エール』と鯉党の想い「カープは、このまま終わらない」

新井貴浩の『エール』と鯉党の想い「カープは、このまま終わらない」

そういえば今年のカープについて、新井さんが言っていた。 「今年、開幕から負けが込んで、最下位に沈んだ時だって俺はこのままじゃ終わらないと思っていた。そのくらいの選手たち、そのくらいの戦力があるんよ」 …

山崎隆造&正田耕三「機動力野球を体現した2人のスイッチヒッター」

山崎隆造&正田耕三「機動力野球を体現した2人のスイッチヒッター」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 走塁に抜群の安定感を発揮した山崎 19 …