カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島の『カープ女子』に聞いた!「優勝の理由」と「日本一へのカギ」

2018年10月10日

広島の『カープ女子』に聞いた!「優勝の理由」と「日本一へのカギ」

9月26日に3年連続9度目のリーグ優勝、球団初の3連覇を達成した「広島東洋カープ」。同球団といえば熱狂的なファンが多いことで知られ、近年では、「カープ女子」の盛り上がりも注目されています。

そんな「カープ女子」は、今回の優勝をどう捉えているのか?そして、日本一になるためのカギを何だと考えているのか?興味を持ったわれわれGetNavi web取材班は、ファンの聖地として有名な広島の居酒屋へ。彼女たちに直接聞いてきました!

「メンタルの強さ」「選手層の厚さ」がカープ優勝の原動力だ!

訪れたのは「居酒屋 龍’s dining 力」。今回はお店の協力を得て、特別にカープ女子たちを集めてもらいました! 店内に足を踏み入れると、ユニフォームを着て応援する女性たちの姿が。おお、これぞ思い描いていた通りのカープ女子! 早速話を聞いてみると……優勝の要因として「メンタルの強さ」を挙げる子が多数。

「最初は負けていても、折れずに追い上げていく気持ちの強さが一番の理由ですよ!  だからシーズンを通して、逆転して勝つ試合が多かったんだと思います」(えりこさん)

「諦めずに逆転勝ちするココロもスゴイし、そもそも今年は3連覇がかかっていたから、プレッシャーもあったと思うんですよ。でも、さすがにやってくれましたね~!」(ユカさん)

また、以下のように、選手層の厚さを挙げた子も。

「主力がケガしても、それをカバーできる力を持った選手が広島には多いんです。そして、復帰した選手も故障前と変わらない活躍をみせてくれました。長い戦いを制する総合力が、カープの強みですよ!」(みかさん)

「層の厚さもあるし、だれかが抜けたぶん、残りの8人が奮起するというチームワークの良さもポイント。そしてその結束を支えているのが、私たちなんです!」(SHOPPYさん)

さすが、選手の育成とスカウトに定評のあるカープ。

カープ愛あふれる優秀な選手が次々に台頭してくるのは、球団の地道な活動が実を結んだ結果といえるでしょう。そして、いわゆる「10人目の選手」であるファンの声援が、グラウンドの選手を強力に後押ししたのは間違いありません。

日本シリーズを制するには、勢いを殺さないことが重要

ほかにも、今シーズン限りでの「現役引退を表明した新井貴浩選手のために一致団結したから」という声も。

兄貴分としてチームを引っ張ってきた新井選手と若手との間にある絆……「最後に新井さんを男にするんだ!」そんな選手たちの強い気持ちも力となり、また、そんな男気がカープ女子たちを惹きつける理由にもなっているのでしょう。では最後に、そんなカープが日本一になるためのカギとは?

「いまの気持ちをキープして、この勢いのまま集中していくことだと思います。あとは私たち、ファンの声援!」(そにさん)

「クライマックスシリーズも日本シリーズも短期戦ですからね。とにかくまずは初戦に勝って、そのまま突破していくことでしょう!  クライマックスシリーズの試合はマツダスタジアムですから、もちろん生で応援しますよ!」(いのっちさん)

つまり、リーグ優勝したいまの勢いをキープして初戦に勝ち、ファンがより盛り上げれば日本一が限りなく近づくということ。シンプルですが、確かにその通りですね!果たして結果はどうなるのか?

2018年のクライマックスシリーズのファイナルステージ、カープ戦は10月17日から。平成最後ということもあって、今年は一層白熱すること間違いありません。われわれもカープが日本一になって、「カープ女子」たちがとびきりの笑顔を見せてくれることを祈っています!(文:中山秀明/撮影:我妻慶一)

(※引用元 GetNavi web

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

堂林、護摩行再挑戦!背水来季へ炎の決意、新井と『師弟トレ』続ける

堂林、護摩行再挑戦!背水来季へ炎の決意、新井と『師弟トレ』続ける

広島・堂林翔太内野手(26)が21日、秋季キャンプを打ち上げ、今オフも2年連続で新井に弟子入りすることを明かした。年明けの護摩行の参加も決意。今キャンプでは朝から夕方までバットを振り続け、手応えをつか …

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

広島のヘンディ・クレート通訳兼ブルペン捕手(34)が“先生デビュー”だ。2月からカープファン倶楽部会員限定のサイト内にある動画「クレート通訳の最高のスペイン語の使い方」に登場。スペイン語を解説している …

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

メジャーリーグから古巣・広島に復帰し、黄金時代の土台を築いた黒田博樹氏(43)が昨年優勝時に続いてスポニチ本紙に特別寄稿した。 純粋に、凄いと感じる。巨人以外では初のセ・リーグ3連覇。2年前まで一緒に …