カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

精神的支柱、新井が後輩にエール「キクの目が、チームを成長させる」

2018年10月4日

精神的支柱、新井が後輩にエール「キクの目が、チームを成長させる」

セ・リーグ3連覇を果たした広島の精神的支柱で、今季限りでの現役引退を表明した新井貴浩内野手(41)が夕刊フジの直撃に応じ、来季以降チームを支えていく後輩たちについて語った。

今季の新井は62試合出場(2日現在)にとどまり、代打での起用が目立つ。チームを牽引したのは、田中広輔内野手(29)、菊池涼介内野手(28)、丸佳浩外野手(29)。同い年の“タナキクマル”トリオである。

「あの3人はとにかくバランスがいいんだよ。みんな基本的に人として“できている”後輩だけど、(叱り役、フォロー役など)分担がはっきりしている。プレーではおのおの頑張っているけど、そういう部分が(優勝に)大きく貢献したんじゃないかな」

一方、3人より1歳上で選手会長の会沢翼捕手(30)の存在も大きいとみている。

「彼はね、表ではあまり動かないけど、裏でチームを叱咤激励して支えるタイプ。会沢がそれを実践しているおかげで、すぐ年下のタナキクマルも動きやすくなっていると思う。会沢がいなかったら、やっぱりこのチームは締まらないね」

新井にとって最も親しい後輩といえば、菊池だ。2人で中国・四国地方限定発売の飲料水のテレビCMにも出演し、話題になっている。

「キク(菊池)はね、(マスコミの)皆さんや世間一般には『やんちゃな選手』という印象があると思うの。確かにそういう部分もあるんだけど、本当に周りがよく見えている子でね。プレーに生かされている部分も十分にある」と強調する。

「今はキクより年下の選手が増えて、彼の見る目が、チームの成長にかなり役立っていると思うなあ。どんな性格で、どんな特徴があるのか、グラウンドから離れたプライベートでも後輩をしっかりと見ている。そこが(若手の成長に)つながっていると思う」

タナキクマルらがプレー以外でもチームを引っ張れるようになったと実感したからこそ、新井は引退の決断に至った。「不安なく(ユニホームを)脱げるね」とうなずく。一方で「いつまでたっても、弟分たちのことは心配は心配だけどね」とおどけるのだが。

広島で長期低迷時代を過ごし、阪神にFA移籍、そして古巣に戻って美酒を味わった。最後は頼もしい後輩たちと一緒にクライマックスシリーズ、日本シリーズで有終の美を飾るつもりだ。(山戸英州)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

オープン戦も始まり、いよいよ開幕が近づいてきた。今年の注目のルーキー投手といえば、いの一番で指名された森下暢仁(広島)、奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の3人だろう。 彼らの現状から初勝利ま …

一度きりの野球人生、キクの思うように進んでほしい/新井貴浩コラム

一度きりの野球人生、キクの思うように進んでほしい/新井貴浩コラム

勝負強い打撃に、球界屈指の守備にと、キクは本当に魅力的な選手です。キクが二塁にいるということは、カープにとってすごく大きなことでした。キクは大学時代は遊撃を守っていて、2012年、カープに入団した当初 …

高木豊が交流戦を総括、最下位のカープ「真っ先にやめたほうがいい」

高木豊が交流戦を総括、最下位のカープ「真っ先にやめたほうがいい」

今年の交流戦は、ヤクルトが4年ぶり2度目の優勝を果たした。パ・リーグ全球団に勝ち越しての”完全優勝”は史上初。昨年の日本一チームがあらためて強さを示す形となった。 広島が大きく …