カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

2019年1月18日

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

原巨人のFA戦略が巷を騒がせている。広島から丸佳浩、西武から炭谷銀仁朗を獲得したが、人的補償で長野久義、内海哲也という“生え抜きスター”を失った。ともにドラフトで他球団の指名を蹴り“ジャイアンツ愛”を貫いた。「巨人は冷たい…」などと世間は憤った。

けど待てよ。

考えてみれば、組織というものはもともと非情である。そうでなければ競争社会を勝ち抜けない。

目下チーム史上ワーストの4年連続V逸の巨人。再建を託され、再々登板した原辰徳監督は流出劇に動じてなかった。

「心境的には残念。2人とも長きにわたってともに戦ってきた。戦士という中では一抹の寂しさはあるが、勝負の世界は足し算ばかりではない。引き算もある。答えが出たときに、どういう結果を残すか…」

低迷を続ける組織を改革するには、時には血を流す覚悟が必要だ。結果が悪ければ責任はボスが取る。原監督にはその胆力が見えた。

ところで長野、内海の未来は? 仮に残留したとしても、ともにプロテクトから外れていた。ある意味、構想外。それならば、請われて新天地の方がチャンスは広がる。

というわけで、こんなドラマはどうか?

『長野大化け もったいない資質の逆襲』。主役を張れる器です。“粋な遊び人”として“夜の巷”では有名な長野。東京・銀座のクラブ『K』のMママが褒めていた。

「いろんなスポーツ選手を知っているけど、イケメンでおシャレ。粋で気遣いも半端ない。タニマチも連れずに、いつも自腹よ。大人の遊びを知っている」。これじゃあイケメン原監督も嫉妬!? それが放出の原因!?

実力はある。チーム最年長の阿部慎之助のエールがプロローグだ。「後輩の中で一番練習をしなかった。天才です!」。原監督の口癖もあった。「天才チョ~ノ。惜しいよね、センスであれだけやれるんだもん…」。

“天才とは1%のひらめきと99%の努力”はエジソンの言葉。長野はこれまで努力なし?“1%馬力”でレギュラーだった。移籍先は猛練習で有名な広島である。いくら嫌いとはいえ移籍元年、環境に引っ張られるはずだ。となれば…。

見慣れたはずのオレンジの面影は消え、“真っ赤”に燃える光景が疾走する。古巣残留で“塩漬け”にされるなんてまっぴら。そんな逆襲劇をイメージ。内海もオレンジから西武ブルーの輝きを…が挿入されます。

ン? 拙稿は原監督と違ってシナリオには全く責任を持ちませんが…。(産経新聞特別記者・清水満)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

クロンは米メディア絶賛の長距離砲、エルドレッドが語った「家族」!

クロンは米メディア絶賛の長距離砲、エルドレッドが語った「家族」!

広島は16日、マイナー通算151本塁打のケビン・クロン内野手とドビーダス・ネヴァラウスカス投手と契約したことを発表した。ネヴァラウスカスはメジャー史上初のリトアニア人メジャーリーガーという”異色”の経 …

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

広島の街で久しぶりに巻き起こったFA狂騒曲は、丸佳浩が巨人移籍を表明して静けさを取り戻した。それまでが騒がしかっただけに、寂しさに打ちひしがれているように、広島の街は静まり返っていた。 地方の市民球団 …

森下が覚醒した、大学時代の転機とは?新人王有力候補も気掛かりは…

森下が覚醒した、大学時代の転機とは?新人王有力候補も気掛かりは…

昨年のドラフトで1位指名を受け、プロへの道を踏み出した、森下暢仁。ルーキーながらチームトップタイの5勝を挙げるなど、今季低迷にあえぐ広島カープで数少ない希望ともいえる存在だ。若鯉はいかにして野球人生を …