カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

他球団の捕手ではできない…會澤翼の熟練された配球術の凄さとは!?

2019年10月8日

今シーズン、126試合に出場し、打率.277、打点63、本塁打12と広島カープの正捕手として結果を残した會澤翼。

會澤翼のリードを見て、ちゃんと配球にストーリーを感じると谷繁元信は語った。

谷繁元信が話すストーリーを感じる配球とは、1試合、1打席の勝負ではなく、3連戦を通してどのように1人の打者を打ち取っていくかを考えられた配球がしっかりできているということだ。

これはやはり3連覇を経験した會澤翼だからできる配球だと語った。

12球団の捕手を見てもこのような配球ができる選手は数える程しかいないだろう。

そんな會澤翼は今シーズン国内FA権を取得している。

熟練された配球ができる會澤翼を狙う球団も多いだろう。

広島も必死の引き止め交渉を進めているが、會澤翼が来シーズンどの球団のユニフォームを着てプレーしているのか注目だ。

(※引用元 ラブすぽ

関連記事

佐々岡監督、新参謀と新戦力を加えてV奪回へ/2021年を見据える

佐々岡監督、新参謀と新戦力を加えてV奪回へ/2021年を見据える

3年ぶりのV奪回へ、佐々岡カープが着実に地盤を固め始めている。監督就任1年目の2020年は投打がかみ合わず、2年連続のBクラスに沈んだ。巻き返しへの第一歩となった秋季練習では明確な課題をつぶすべく練習 …

原巨人、FA戦線に本格参戦…カープはFA補強動かず、新外国人獲得

原巨人、FA戦線に本格参戦…カープはFA補強動かず、新外国人獲得

巨人の原辰徳監督(61)が2019年11月2日、FA戦線に参戦する意向を示した。球団はすでに楽天・美馬学投手(33)、ロッテ鈴木大地内野手(30)らの本格調査を明言しており、交渉が解禁となる3日にもア …

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …