カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

2019年3月23日

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

神宮球場のオープン戦としては異例の「大入り袋」が関係者に配られた。ヤクルトが広島と7-7で引き分けた21日の一戦に、祝日とあって2万5421人が詰めかけた。

昨年3月18日のソフトバンク戦にも2万5137人が来場したが、同日は試合後に「出陣式」があり、ファンクラブ会員は招待券で入場できた。球団幹部は「実際に売れたチケットの枚数は比べものにならない。昔の記録は残っていないが、大入りが出たのは初めてだと思う」と証言。

1970年に入社した古参の営業担当者も「オープン戦でこんなに入ったのは見たことがない」と語っており、球団史上初のオープン戦大入りとみて、まず間違いない。

観客増に勝るものはないが、ヤクルト側の外野自由席は売れ残り、半数以上は広島ファン。スタンドが真っ赤に染まったのは皮肉だ。

近年は公式戦でも、広島ファンが神宮の一塁側まで押し寄せており、一昨年6月のヤクルト本社の株主総会で株主が「広島ファンのマナーが悪い。点が入ると立ち上がって歌って座らない」と訴えたほど。神宮のカープファン“占拠問題”は深刻化している。

前出の球団幹部は「ファンクラブに入ると、神宮での試合の先行発売を買うことができるので、カープファンでうちのファンクラブに入会する人が結構いる。でも、“入会するな”とは言えないし、一塁側で広島の応援をするなとも強制はできない」と頭を抱える。

この日は、田中、菊池、鈴木が欠場した広島に対し、ヤクルトはベストメンバーを組んだものの、開幕投手を務める先発・小川が初回に2点を先制されるなど5回3失点。

いったん打線が逆転したものの、4点リードの9回に抑えの石山が、相手のドラフト1位ルーキー小園にオープン戦2号2ランを浴びたのを皮切りに、堂林、バティスタに3者連続で被弾し、逃げ切りに失敗した。

ヤクルトは広島に昨年は6勝19敗、一昨年7勝17敗1分け、2016年は8勝17敗と3年連続で大きく負け越し。19日のオープン戦(神宮)も3-4で敗れており、スタンド同様圧倒されっぱなしだ。

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

オープナーは日本で定着するか?救援投手先発し、序盤を封じる起用法

オープナーは日本で定着するか?救援投手先発し、序盤を封じる起用法

昨年、米大リーグで革新的な戦術として導入され、流行した「オープナー」。救援投手が先発し、序盤の短いイニングで相手の上位打線を封じ込める起用法だ。今後、日本球界でも「オープナー」を採用する球団が現れるの …

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

テキサス州ヒューストンで行われたアストロズ対カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJR外野手(25)が試合中に号泣。チームメートのジェイソン・ヘイワード外野手(29)とジョー・マドン監督(65) …

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

指導者として、選手に対して、いかに意識を持たせるか――。 今シーズン限りで退任した広島の打撃コーチ・石井琢朗は、意識という言葉をよく使い、重要視する。コーチの仕事といえば技術指導が主となるところ、練習 …