カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

2019年3月23日

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

神宮球場のオープン戦としては異例の「大入り袋」が関係者に配られた。ヤクルトが広島と7-7で引き分けた21日の一戦に、祝日とあって2万5421人が詰めかけた。

昨年3月18日のソフトバンク戦にも2万5137人が来場したが、同日は試合後に「出陣式」があり、ファンクラブ会員は招待券で入場できた。球団幹部は「実際に売れたチケットの枚数は比べものにならない。昔の記録は残っていないが、大入りが出たのは初めてだと思う」と証言。

1970年に入社した古参の営業担当者も「オープン戦でこんなに入ったのは見たことがない」と語っており、球団史上初のオープン戦大入りとみて、まず間違いない。

観客増に勝るものはないが、ヤクルト側の外野自由席は売れ残り、半数以上は広島ファン。スタンドが真っ赤に染まったのは皮肉だ。

近年は公式戦でも、広島ファンが神宮の一塁側まで押し寄せており、一昨年6月のヤクルト本社の株主総会で株主が「広島ファンのマナーが悪い。点が入ると立ち上がって歌って座らない」と訴えたほど。神宮のカープファン“占拠問題”は深刻化している。

前出の球団幹部は「ファンクラブに入ると、神宮での試合の先行発売を買うことができるので、カープファンでうちのファンクラブに入会する人が結構いる。でも、“入会するな”とは言えないし、一塁側で広島の応援をするなとも強制はできない」と頭を抱える。

この日は、田中、菊池、鈴木が欠場した広島に対し、ヤクルトはベストメンバーを組んだものの、開幕投手を務める先発・小川が初回に2点を先制されるなど5回3失点。

いったん打線が逆転したものの、4点リードの9回に抑えの石山が、相手のドラフト1位ルーキー小園にオープン戦2号2ランを浴びたのを皮切りに、堂林、バティスタに3者連続で被弾し、逃げ切りに失敗した。

ヤクルトは広島に昨年は6勝19敗、一昨年7勝17敗1分け、2016年は8勝17敗と3年連続で大きく負け越し。19日のオープン戦(神宮)も3-4で敗れており、スタンド同様圧倒されっぱなしだ。

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

現役引退を決断した巨人の上原浩治投手(44)が20日、都内ホテルで会見を行った。 異例のシーズン途中での現役引退を決断したベテラン右腕は冒頭、「本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいなと思いま …

誠也、韓国撃破へ闘志!「独特の雰囲気になる。自分がやれることを」

誠也、韓国撃破へ闘志!「独特の雰囲気になる。自分がやれることを」

前日は宿舎で静養「めちゃくちゃ疲れていたので休めて良かった」 野球日本代表「侍ジャパン」の鈴木誠也外野手は15日、都内で16日の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウン …

鈴木誠也、2戦連発で3連勝!台湾・王柏融から届いた差し入れとは…

鈴木誠也、2戦連発で3連勝!台湾・王柏融から届いた差し入れとは…

<プレミア12:台湾1-8日本>◇1次ラウンドB組◇7日◇台湾・台中 侍ジャパン4番鈴木誠也外野手(25)が2試合連発で「プレミア12」1次ラウンド3連勝に導いた。大会3戦目の台湾戦は1回に先制の適時 …