カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

2017年11月18日

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

日本代表の経験も、来季の糧にする。西川龍馬は今季95試合に出場し、打率.275、自己最多となる5本塁打をマークした。

シーズン中盤までは安部友裕との併用が続き、西川は主に左腕相手にスタメン出場。天才的なバットコントロールと、右左を苦にしない打撃、代打でも結果を残す勝負強さでチームを支え、安部が故障で離脱した後には三塁のレギュラーとして出場機会を増やした。

「自分はやることをやるだけ。それしかできない」とクールに言い続け、結果を残した。

DeNAとのクライマックスシリーズファイナルステージ(マツダ広島)では全試合に「七番・三塁」でスタメン出場。14打数4安打で打率.286をマークした。低調だった打線において、西川の好調さは際立った。2戦目では2打点をマークし、3戦目ではマルチ安打。西川からチャンスを作り、上位打線に好機で回す役割を果たした。

「何とか貢献できるように、集中してやるだけ」とコンパクトにスイング。短期決戦でも勝負強さを見せつけた。

10月上旬には「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の代表メンバーに選出された。入団3年目、または24歳以下の条件を満たし、社会人時代以来の日本代表入り。

「何で選ばれたんやろうという驚きと、うれしさがあります。吸収できるところは吸収したい。いろんな人のプレーを見たい」と意気込む。来季も安部らとのレギュラー争いは続くが、代表経験も糧に、成長していくはずだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

WBC監督にイチローを推す声が続々「栗山監督と正反対のスタイル」

WBC監督にイチローを推す声が続々「栗山監督と正反対のスタイル」

3月のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた栗山英樹監督が、5月末に退任。後任監督の人選が進められている。栗山監督は2016年には日本ハムの監督として大谷翔平(現・エンゼルス)らを擁して日本一に輝いた経験 …

現役ナンバーワン捕手は誰?元カープ・達川光男氏が即答した選手とは

現役ナンバーワン捕手は誰?元カープ・達川光男氏が即答した選手とは

野球において“扇の要”と呼ばれ、チームの核となるのがキャッチャーだ。では現役プロ野球選手のなかで「ナンバーワン捕手」は誰になるのか。肩の強さやリード、打力など様々な評価項目があるので、ファンの間でも意 …

古田氏・前田氏…名球会選手がどうしても打てなかった「魔球」とは?

古田氏・前田氏…名球会選手がどうしても打てなかった「魔球」とは?

古田敦也氏、長嶋一茂氏、前田智徳氏、和田一浩氏ら野球界のレジェンド4人が、YouTubeチャンネル「フルタの方程式」にて対談。 並みいる名球会選手たちが自身の苦戦していた、「魔球」が明かされた。 選手 …