カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

2017年11月18日

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

日本代表の経験も、来季の糧にする。西川龍馬は今季95試合に出場し、打率.275、自己最多となる5本塁打をマークした。

シーズン中盤までは安部友裕との併用が続き、西川は主に左腕相手にスタメン出場。天才的なバットコントロールと、右左を苦にしない打撃、代打でも結果を残す勝負強さでチームを支え、安部が故障で離脱した後には三塁のレギュラーとして出場機会を増やした。

「自分はやることをやるだけ。それしかできない」とクールに言い続け、結果を残した。

DeNAとのクライマックスシリーズファイナルステージ(マツダ広島)では全試合に「七番・三塁」でスタメン出場。14打数4安打で打率.286をマークした。低調だった打線において、西川の好調さは際立った。2戦目では2打点をマークし、3戦目ではマルチ安打。西川からチャンスを作り、上位打線に好機で回す役割を果たした。

「何とか貢献できるように、集中してやるだけ」とコンパクトにスイング。短期決戦でも勝負強さを見せつけた。

10月上旬には「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の代表メンバーに選出された。入団3年目、または24歳以下の条件を満たし、社会人時代以来の日本代表入り。

「何で選ばれたんやろうという驚きと、うれしさがあります。吸収できるところは吸収したい。いろんな人のプレーを見たい」と意気込む。来季も安部らとのレギュラー争いは続くが、代表経験も糧に、成長していくはずだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

阻止率が高くても…… 2017年の記録の裏側に迫る短期連載。第4回は盗塁阻止率だ。 まずパであるが、72試合以上の出場での阻止率1位はロッテ・田村龍弘の.337。ただ、だから彼が「一番走られなかった男 …

田中広輔がポスティング!?間違えて…米「ESPN」が、写真を掲載

田中広輔がポスティング!?間違えて…米「ESPN」が、写真を掲載

本文では「27歳西武のエース」も、日米野球での田中の写真が… メジャー移籍を目指す西武の菊池雄星投手がポスティングされ、米国時間4日(日本時間5日)からメジャー30球団との契約交渉が解禁となる。米メデ …

バット操作、ニッチロー、毎日やること…イチローは、どう答えたか?

バット操作、ニッチロー、毎日やること…イチローは、どう答えたか?

イチロー杯の閉会式に大会長として出席、質問に答える マリナーズの会長付き特別補佐を務めるイチロー外野手が23日、故郷の愛知県西春日井郡豊山町で行われた「第23回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式 …