カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

最下位に「緒方辞めろ」の大合唱?古参ファンが反論しネットも大荒れ

2019年4月13日

最下位に「緒方辞めろ」の大合唱?古参ファンが反論しネットも大荒れ

11日、開幕から4カード連続の負け越しで単独最下位となった広島東洋カープ・緒方孝市監督に、一部のカープファンが「辞めろ」「無能」などと非難を浴びせ、ネット上で議論となっている。

前日、延長10回に12失点して負けたカープは、この日も2回までに先発の岡田明丈が4連続四球など乱調で6失点。中盤2点を返したものの、スワローズが小刻みな継投で逃げ切り勝ち。これで、広島は開幕から4カード連続の負け越しで、3勝9敗とダントツの最下位となった。

セリーグ3連覇時代には考えられなかったような「酷い」試合が続く状況に、一部のカープファンが激怒。

「もう緒方は見たくない」「緒方辞めろ、無能すぎる」「手を打つところで打たないからこういうことになるんだ」などと、激しく緒方孝市監督を糾弾する。

一方で、暗黒時代を知るファンは「1イニング15失点よりはマシ」「どうってことない」「負けが込んだほうがニワカが減っていい」との声を上げたほか、緒方監督については、「3連覇してくれた監督。悪く言いたくない」「現時点で緒方辞めろなんていうお前がファン辞めろ」などと擁護の声を上げ、「糾弾派」を批判。文字通り「ネットが荒れている」状態だ。

「広島は今シーズンも優勝候補筆頭とされていましたが、守備の崩壊と投手陣の不調が目立つ。それを象徴するような試合が開幕シリーズ巨人戦の3月31日の試合です。

8回の裏に同点に追いつき、流れは完全に広島でしたが、9回に先頭ビヤヌエバの打球をサードの安部がエラーすると、小林の送りバントミスを捕手の會澤が2塁へ悪送球でオールセーフにしてしまいます。

さらに、吉川のレフトフライを長野が一直線に追うことが出来ず、二塁打にしてしまい、勝ち越しを許してしまった。まさにミスの連続でした。

この試合以降、カープの守備陣はボロボロで、4月11日までの失策数はセリーグワーストの18個。DeNAはたった2個ですから、かなり厳しい数字。しかも、痛いところで出ている印象があります。仮にこの試合に勝っていれば、波に乗ったかもしれません。ターニングポイントでした。

丸の移籍の影響はもちろんありますが、それ以上に守備の崩壊が深刻です」(野球ライター)

まだまだシーズン序盤ということを考えれば、巻き返しは可能な広島。「緒方辞めろ」ではなく、選手に力を与えるような声援を送ってもらいたいものだ。(櫻井哲夫)

(※引用元 リアルライブ

関連記事

大瀬良がドラフト1位・栗林に太鼓判「真面目、練習熱心、心配ない」

大瀬良がドラフト1位・栗林に太鼓判「真面目、練習熱心、心配ない」

広島大瀬良大地投手(29)が11日、広島・廿日市市内の大野練習場で自主トレを公開した。後輩の山口と約40メートルの距離でキャッチボールを行い、ダッシュ、ノックなどで汗を流した。 昨年9月に手術した右肘 …

野村謙二郎が分析、「勝利の方程式確立」がカギ…スコット不調が痛恨

野村謙二郎が分析、「勝利の方程式確立」がカギ…スコット不調が痛恨

勝利の方程式の確立を!!広島は6日の阪神戦が降雨中止となり、開幕から対戦が一巡した5カードを5勝7敗1分けで終えた。元監督で本紙評論家の野村謙二郎氏は開幕ダッシュ失敗の要因に守護神テイラー・スコット投 …

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。 4月6日の阪神戦(マツダ広島) …