カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

2018年7月31日

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

時間を見つけて高校野球観戦に没頭

衣笠祥雄(1965年入団)に始まり、高橋慶彦(75年3位)、大野豊(77年外)、達川光男(78年4位)、川口和久(81年1位)らを発掘した広島の“伝説のスカウト”木庭教。75年の初優勝から始まる広島の黄金時代は、木庭が連れてきた選手が支えていたと言っても過言ではない。

その敏腕スカウトは広島商高の出身。在学中、野球部に所属こそしていたが、戦局の悪化で野球ができなくなり、選手の経験はない。卒業後は父親の郷里・岡山で証券会社に入社。そのころ時間を見つけては足を運んだのが高校野球観戦だった。岡山東商高の秋山登-土井淳バッテリーを見て、心動かされた。

それで広島の久森忠男マネジャーから「そんなに頻繁に高校野球を見ているなら、良い選手がいれば教えてくれ」と言われて、自ら作成した有力選手リストを送った。そして57年、スカウトとして球団入りすることになる。「シロウト・スカウト」の誕生だった。

当時の広島は、後援会の会費が球団経営を助けたが、選手獲得の面でも後援会員の口利きや説得に助けられていた。選手勧誘が自由競争の時代。金銭面で他球団に劣る広島に自ら知る有望選手を入れようと、後援会員は数多いたのだ。

そこから生まれたのが“伝説のスカウト”だった。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

田中×新井氏が対談、V奪回カギは「どれだけ自分を犠牲にできるか」

田中×新井氏が対談、V奪回カギは「どれだけ自分を犠牲にできるか」

広島の田中広輔内野手(30)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。田中広は今季から選手会長を務める。ナインはチームを「家族」と表現してきた。V奪回を目 …

4連覇絶望的、Bクラス転落…鯉党から「監督・コーチ一掃」望む声も

4連覇絶望的、Bクラス転落…鯉党から「監督・コーチ一掃」望む声も

広島のリーグ4連覇が絶望的となった。広島は2019年7月7日、甲子園で阪神と対戦し0-1の完封負けを喫した。先発・床田寛樹投手(24)が7回5安打1失点の好投を見せたが、打線が阪神先発・髙橋遥人投手( …

山口翔、遠藤淳志…恩返しのため、必死にもがく『佐々岡チルドレン』

山口翔、遠藤淳志…恩返しのため、必死にもがく『佐々岡チルドレン』

「チルドレン」との新たな物語が始まる。広島・佐々岡監督は、春季キャンプで若手投手への苦言を隠さなかった。「期待していた遠藤、山口は(宮崎・日南1次キャンプから)良くなかった。投手の方は不安です」。1軍 …