カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

トレードで「よそ者だと思われても」、リーグ優勝に貢献した左腕は…

2022年1月18日

トレードで「よそ者だと思われても」、リーグ優勝に貢献した左腕は…

「優勝のために」の期待に応え

3年連続でリーグ優勝を経験する選手は少ない。それもトレードで移籍した2チームで3年連続となると、グッと数が限られてくる。南海(現在のソフトバンク)で野村克也が監督を解任、退団に追い込まれたことで移籍を志願した左腕の江夏豊は、そんな選手の1人だった。

最初の移籍は阪神から南海への大型トレードだった。阪神のエースとしてV9巨人に牙をむいていた江夏は、追われるように南海へ。新天地でリリーバーとして再生した江夏が広島へ金銭トレードで移籍することになったのは1977年のオフだった。広島を率いていたのは、現役時代は南海で野村とチームメートとなったこともあった古葉竹識監督で、調整法を江夏に任せてくれたこともプラスに働く。

2度目の移籍となる江夏は「よそ者だと思われても周りに媚を売るようなことはしない。グラウンドで結果を出せば周りの人間が自然に判断して受け入れてくれる」と自分のペースを守り、それでも衣笠祥雄らチームメートとも意気投合していった。

移籍2年目の79年に広島はリーグ制覇。プロ1年目から奪三振王となった歴戦の左腕は、13年目にして初めて優勝を経験する。そのまま広島は初の日本一。近鉄との日本シリーズ第7戦(大阪)では“江夏の21球”と語り継がれる名場面もあった。翌80年も広島はリーグ連覇、2年連続で日本一に。このとき動いたのが日本ハムの大沢啓二監督だ。

大沢監督に「優勝のために」と言われてオフに高橋直樹との交換トレードで移籍した江夏は、その期待に応える。チームが日本ハムとなってから優勝のない日本ハム。当時のパ・リーグは前後期制で81年に日本ハムは後期を制すると、プレーオフではロッテを撃破、初のリーグ優勝に輝いている。引き続きリリーフエースとして貢献した江夏は広島での79年に続いて2度目のMVP。両リーグMVPはプロ野球で初めての快挙でもあった。

翌82年には通算200勝にも到達した江夏だったが、その83年オフには退任する大沢監督から「お前もやめろ」と言われ、最終的にはトレードで西武へ。ここでは広岡達朗監督と衝突、退団となり、最後はメジャーに挑戦もかなわず、引退している。(文=犬企画マンホール、写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

7月4日の対スワローズ戦、初回からカープ自慢のタナキクマルが躍動した。まず1番・田中広輔が東京ヤクルトの先発・ブキャナン投手の初球を叩いてレフトスタンドに打ち込む先頭打者本塁打。2番の菊池涼介が左中間 …

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

試合の最後まで、一番・遊撃でグラウンドに立ち続ける。田中広輔は2016年、17年と2年連続のフルイニング出場を達成した。広島の遊撃手としては初の偉業。野村謙二郎氏でも高橋慶彦氏でも到達できなかった領域 …

中村祐太、さらなる飛躍の年に/2018年、期待度No.1

中村祐太、さらなる飛躍の年に!/2018年、期待度No.1

高みに登ったからこそ、見えてきたものがある。プロ4年目の2017年は、中村祐太にとって飛躍のシーズンとなった。 5月3日の中日戦(マツダ広島)で、プロ初登板、初先発。5回3失点ながらも打線の援護もあり …