カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

黒田さんと一緒にカープで戦ってこられたのは、本当に幸せ/新井貴浩

2019年6月1日

黒田さんと一緒にカープで戦ってこられたのは、本当に幸せ/新井貴浩

V決定試合で抱き合った途端涙が止まらなくなった……

黒田さんは自分に厳しくストイック、プロとしての自分を貫く強い人ですが、本当は人と話すことが好きだし、すごくお茶目。いたずら好きでもあります。

私もキャンプ中に一度、バッグの中に消火器を入れられたことがあります。われながらとぼけた話ですが、なんか重いなあ、と思いながら普通に宿舎の部屋まで運び、ランドリーに出そうと思ってバッグを開けたらびっくり。バナナひと房が入っていたときもありました。全部、黒田さんです。

歓喜のときは、2人が復帰2年目、16年に来ました。あの年の9月10日、東京ドームの巨人戦は一生忘れないでしょう。マジック1、勝てば25年ぶりの優勝が決まる日。しかも、このタイミングで黒田さんが先発です。大げさではなく、野球の神様の存在を感じました。

あの試合、ウイニングボールを一塁手だった私がつかみ、マウンドにダッシュ。そのときから大興奮状態だったことは認めますが、涙はありませんでした。ただ、号泣する黒田さんを見つけ、抱き合った瞬間から涙腺が大崩壊し、止まらなくなりました……。

黒田さんは優勝を花道に同年限りで引退しましたが、少し前から、薄々感づいてはいました。マツダ広島のロッカーが隣だったこともあり、至るところに痛み止めの注射を打たなければ登板できないことも知っていました。もう、体はボロボロでした。ここまでして……と思いながらも、実際に聞いたら寂しかったです。

そんな黒田さんが、私が引退のとき、地元の新聞に全面広告を出してくれた。まったく聞かされていなかったので、すごくびっくりしたし、うれしかったです。

このときも、実は、本人目線とファン目線がありました。「ありがとうございます、黒田さん」という感謝の思いと、「さすがメジャー・リーガーの黒田だ。やること違うな。かっこええやんけ」……。

黒田さんについては、もっともっとたくさん書きたいことがありますが、おそらく、いくら書いても話は尽きないでしょう。そのくらい私たちは、カープ時代、濃密な時間を過ごしました。

今あらためて思います。黒田さんと一緒にカープで戦ってこられたのは、本当に幸せでした。黒田さんと出会わなければ、間違いなく、今の自分はありません。本当に、ありがとうございます。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

元審判が語るプロ野球の世界、審判目線の選手評価【広島カープ編】

元審判が語るプロ野球の世界、審判目線の選手評価【広島カープ編】

広島東洋カープの捕手を審判目線での特徴を書いていこう。 広島で最初に出てくる名前は石原慶幸選手。 この人をなくして今の広島は語れないだろう。近年のイメージはジョンソン投手の専属捕手のようになっているが …

佐々岡監督に「責任逃れするな」試合後コメント批判、采配ミスが物議

佐々岡監督に「責任逃れするな」試合後コメント批判、采配ミスが物議

29日に行われ、広島が「4-5」で敗れたヤクルト戦。広島・佐々岡真司監督の采配がネット上で物議を醸している。 問題となっているのは、「4-2」と広島2点リードの6回裏でのこと。この回広島は坂倉将吾、上 …

投げること以外すべて右利き、マクブルームが胸に秘める…闘う気持ち

投げること以外すべて右利き、マクブルームが胸に秘める…闘う気持ち

10分のインタビュー中に何度「compete」という単語を耳にしただろうか。カープ不動の4番、ライアン・マクブルームは、胸の内に秘める熱い思いを「compete=競争する」という言葉で表現した。「いつ …