カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

2019年5月29日

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

長野久義が本来の力を見せ始めた。4月23日の中日戦(マツダ広島)で今季初めて三番で先発すると、第1打席で中犠飛を放ち、久びさの打点をマーク。6回には左前打を放って出塁した。翌24日には山井から2号ソロを右翼スタンドにたたき込み「雨の中、ファンの方が超満員で応援してくれたので、力になりました」と話した。25日にも左前打を放ち、3連戦で9打数3安打2打点の成績を残した。

不完全燃焼が続いていた。開幕直後は存在感を見せたが、チーム方針もありスタメンを外れるケースが増えた。途中出場ではなかなか結果が出ず、打率は1割台に低迷した。それでも、変わらぬ姿勢で練習に臨んだ。鈴木がコンディショニング不良で欠場し、巡ってきたチャンスを逃さなかった。

昨年まで所属した巨人では、タイトルまで獲得したことがある選手。10年には打率.288、19本塁打、52打点で新人王に輝いた。11年に打率.316で首位打者、12年に173安打で最多安打を獲得している。

キャンプでは慣れない環境の中、チームに溶け込もうと奮闘した。ハードなメニューをこなし、練習後はチームメートを誘って食事に出かけた。カープで活躍する決意をグラウンドの内外で示してきた。ベテランの域に入るが、まだ主力として活躍できる年齢。気力も体力も充実し、技術も衰えていない。今のところは出番が限られているが、最後まで控えに甘んじるつもりはない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

バティスタのアンチ・ドーピング違反『大甘裁定』で…ネット批判殺到

バティスタのアンチ・ドーピング違反『大甘裁定』で…ネット批判殺到

日本野球機構(NPB)が9月3日、プロ野球・広島カープのサビエル・バティスタ外野手をアンチ・ドーピング違反で2020年3月2日まで6カ月間の出場停止処分を科すと発表した。バティスタは6月7日のソフトバ …

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

シュートを投げる。投手ではない。野手の話である。広島の捕手と内野手の中で、それぞれトップクラスの送球の安定感を誇る2人。ドラフト5位・石原貴規捕手(22、天理大)と三好匠内野手(26)は、送球を“変化 …

止まない雨はない、信じてみよう!田中、復活の足音は聞こえるか!?

止まない雨はない、信じてみよう!田中、復活の足音は聞こえるか!?

開幕当初の不振は幻だったのか?交流戦こそ出鼻をくじかれたが、鯉の季節から本来の力を取り戻した広島は6月8日現在、2位の巨人に2.5ゲーム差をつけ「定位置」の首位に立っている。 そんな勢いづく広島だが、 …