カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

2019年5月29日

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

長野久義が本来の力を見せ始めた。4月23日の中日戦(マツダ広島)で今季初めて三番で先発すると、第1打席で中犠飛を放ち、久びさの打点をマーク。6回には左前打を放って出塁した。翌24日には山井から2号ソロを右翼スタンドにたたき込み「雨の中、ファンの方が超満員で応援してくれたので、力になりました」と話した。25日にも左前打を放ち、3連戦で9打数3安打2打点の成績を残した。

不完全燃焼が続いていた。開幕直後は存在感を見せたが、チーム方針もありスタメンを外れるケースが増えた。途中出場ではなかなか結果が出ず、打率は1割台に低迷した。それでも、変わらぬ姿勢で練習に臨んだ。鈴木がコンディショニング不良で欠場し、巡ってきたチャンスを逃さなかった。

昨年まで所属した巨人では、タイトルまで獲得したことがある選手。10年には打率.288、19本塁打、52打点で新人王に輝いた。11年に打率.316で首位打者、12年に173安打で最多安打を獲得している。

キャンプでは慣れない環境の中、チームに溶け込もうと奮闘した。ハードなメニューをこなし、練習後はチームメートを誘って食事に出かけた。カープで活躍する決意をグラウンドの内外で示してきた。ベテランの域に入るが、まだ主力として活躍できる年齢。気力も体力も充実し、技術も衰えていない。今のところは出番が限られているが、最後まで控えに甘んじるつもりはない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

誠也と赤松が3軍から合流、胴上げ&ビールかけ参加へ

誠也と赤松が3軍から合流、胴上げ&ビールかけ参加へ

右足首を骨折した鈴木、胃がんの克服を目指す赤松も広島の胴上げ&ビールかけに参加するため、3軍から合流。歓喜の瞬間を待ったが、16日以降にお預けとなった。 ファンの前に元気な姿を見せた赤松は「じらしてく …

赤松、来季も現役続行!不屈の魂「やります」目指すは、1軍昇格

赤松、来季も現役続行!不屈の魂「やります」目指すは、1軍昇格

広島の赤松真人外野手(36)が来季も現役を続行することが1日、分かった。昨年1月に胃がんの摘出手術を受け、今季は2軍で55試合に出場。打率・237、5打点、5盗塁だった。体は順調に回復しており、グラウ …

塹江が原点を磨いて、1軍の先発マウンド狙う!仲間の活躍も刺激に…

塹江が原点磨いて、1軍の先発マウンドを狙う!仲間の活躍も刺激に…

シーズン開幕から1カ月。広島・塹江敦哉投手(21)が虎視眈々(たんたん)と1軍先発の座を狙っている。 ここまでウエスタン・リーグでは3先発を含む5試合に登板し、0勝2敗、防御率3・50(4月30日現在 …