カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

2019年8月7日

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

現在.328で打率1位の鈴木誠也のすごみは安定感だ。過去ブレークし、スタメンに定着した2016年以来、すべて打率3割超。今季は出塁率.444、長打率.574、得点79はいずれもリーグ1位。波の大きな打線の中で不動の四番に座り、チャンスメーカー、ポイントゲッターの両面で貢献していることがうかがえる数字だ。

前年に比べ24試合少ない時点での比較だが、18年は打率.320、30本塁打と、ほぼ同じペースながら打球方向は違う。

センター方向への安打は25本から36本、ライト方向が13本から17本と増え、逆にレフト方向は61本から42本に減っている。よりセンター方向に意識を置き、ケースによっては右打ちをしていることが推測できる。ホームランはセンターから左が19本とほとんどだが(18年は27本)、センターが3本から7本。

全体の飛距離が伸び、自然と増えたものだろう。三振数は昨年の116に対し62と少ない。

得点圏打率は.267だが、不思議なのは走者二塁の26打数1安打と三塁の8打数1安打か。走者が複数なら56打数22安打、打率.393と打ちまくっているのだが……。

左右投手別と月別の打率では巨人・坂本勇人と同じ傾向で対左に.398に対し、対右が.299と対左の数字が良く、6月の月間打率は.220と低迷した。球団別では、なんといっても対巨人の.474が光るが、特に東京ドームの6試合では.524と打ちまくっている。逆転Vへのキーマンであることは間違いない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

極度の不振に陥っている『田中』に復活の兆し…データで見た原因は?

極度の不振に陥っている『田中』に復活の兆し…データで見た原因は?

打率1割台に低迷し、屈辱の8番降格 極度の不振に陥っていた広島・田中広輔がジワジワと復調気配を見せてきた。5月10日のDeNA戦で待望の1号2ランを放ってから5試合連続安打。打率1割台にあえぐ“元切り …

テイラーがキャッチボールを披露、助っ人3人でお好み焼きデビュー!

テイラーがキャッチボールを披露、助っ人3人でお好み焼きデビュー!

広島の新外国人、テイラー・スコット投手(27)=前オリオールズ=が28日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場でDJ・ジョンソン投手(30)=前ロッキーズ=とキャッチボールを行った。 ポニーテールのイ …

育成選手から『カープ救世主』へ、快速サウスポー・フランスアの素顔

育成選手から『カープ救世主』へ、快速サウスポー・フランスアの素顔

──フランスア選手は子どものころからピッチャーだったんですか? 「違います。外野を守る野手で、ホームランバッターでした。本格的にピッチャーになったのは、14歳か15歳ぐらいのときだったと思います」 ─ …