カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

2019年9月5日

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

前回は鬼軍曹・大下剛史さんの指導で二軍に行きたくてたまらなかったお話をしましたが、そういえば、プロ初本塁打は、大下さんのおかげと言っていいかもしれません。

6月6日、浜松での中日戦でした。私は、ヒザを痛めて欠場した江藤智さんに代わり、七番・ファーストで初のスタメン出場をしました。

4回表無死一、三塁のチャンスで打席が回り、初本塁打です。ただ、単純にうれしいだけの思い出ではありません。先ほども触れたように、私は常々、大下さんから「ストライクは全部振れ。見逃すな」と言われていたんですが、このときは緊張もあって、ファーストストライクの甘い球を見逃してしまったんですよ。すぐベンチから「バカたれ!」と大下さんが怒鳴る。地方球場だったこともあり、それがまたよく響いた。これでさらに緊張した私は、こともあろうに次のクソボールを空振りしてしまった。すぐさま、「このクソバカが!」と殺気立った怒声……。私は「次を見逃したら殺される」と思って、なかば目をつぶって振ったらホームランです。

ベンチに戻って、さすがの大下さんもほめてくれるかなと思ったら「バカたれ!」とまた怒られました。たぶん、本当はすごく喜んでいてくれたと思うんですけどね。

当時は、本当に怖かったし、殺されちゃうのかと思ったときもありましたが、それはすべて当時の話で、いまは大下さんに感謝しかありません。箸にも棒にもかからない、体がでかいだけのルーキーの私に、たくさんのチャンスをくれた。私にとってはかけがえのない経験でした。大下さんがいなかったら今の私はない。それは断言できます。不器用な私は、あのときダメでも使ってもらったことで、プロの一軍の球に段々慣れていくこともできました。

大学の後輩だからと、ひいきするような方ではないと思います。私の中に少しでも可能性があると思ってくれたから、あれほど厳しく指導してくれたんだと思っています。

ただ、大下さんから、そのときのことを聞いたことはありません。そういう人じゃありませんので。

引退するときは、発表前に連絡しました。すると、いつものぶっきらぼうな感じながら、

「おお、やめるんか。よう頑張ったのお。ええ引き際じゃないか」

と言っていただきました。初めてほめてもらいました。

個性派で絶対にブレない人でした。怖いけど、かっこいい人です。ありがとうございました! 大下さんのおかげで、私は19年間、頑張れました。感謝です!

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

生え抜き選手として長年にわたり広島を支えてきた石原慶幸は今年で41歳、19年目のシーズンを迎える。リーグ25年ぶりの優勝を飾った2016年には正捕手として106試合に出場し、扇の要を担った。この年はゴ …

中田、どんな場面でも対応!頼れる『ファイアマン』/生え抜きの意地

中田、どんな場面でも対応!頼れる『ファイアマン』/生え抜きの意地

どんな場面でも対応する。カープひと筋10年目を迎えた中田廉の真骨頂だ。強力リリーフ陣の一角として、昨シーズンは3年ぶりの50試合登板。競った試合での中盤、終盤を託される。リードを保つのはもちろん、負け …

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

3度のノーヒットノーランを達成した男、元広島・外木場義郎氏(74)=野球解説者=が現代の先発投手についてもの申した。 「私の時代は先発投手は責任を持って最後まで投げ切るのが当たり前だった。今は分業化が …