カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介、世界一とメジャーで揺れる心…「むち打ち」メキシコ戦欠場

2019年11月14日

菊池涼介、世界一とメジャーで揺れる心…「むち打ち」メキシコ戦欠場

侍ジャパンの菊池涼介内野手(29)=広島=が13日、故障でメキシコ戦を欠場。メジャー移籍に黄信号がともった。

前日12日の米国戦で、守備中に覚えた首の違和感から途中交代。症状について、チーム関係者は「むち打ち」と発表した。この日は試合前にグラウンドに姿を見せたものの、アップが始まると輪を外れてベンチへと引き上げ、試合後も報道陣には沈黙を貫いた。

今月8日に広島から、ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を容認されたばかり。ただ、マイナー契約しかオファーがなければ、広島残留となる見込みだ。今大会はいわば、ネット裏に陣取るメジャー各球団に対する最後の「アピールの場」。7年連続ゴールデングラブ賞の鉄壁の守備だけでなく、台湾での1次ラウンドで12打数6安打、打率・500と「打てる忍者」ぶりを発揮していただけに、好事魔多しというべきか。

とはいえ、各球団から選手を預かる侍首脳陣にしてみれば、菊池に無理をさせられないのが本音だ。先月末も強化試合で右足薬指を骨折した秋山翔吾外野手(31)=西武=が離脱。メジャー移籍のため海外FA宣言したが、マイナス影響が出る可能性が高い。菊池に「同じ轍」を踏ませるわけにはいかないのだ。

菊池の次戦16日の韓国戦出場は流動的な情勢。野球人としての夢を追い求める上で得策なのは、“見本市”に強行出場することか。それとも大事を取ることか。もちろん日の丸を背負う立場で、世界一を目指す別軸のモチベーションもある。本人にはジレンマ、トリレンマだろう。(山戸英州)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

マエケンさんのように!ドラフト4・小林「2年目開花の法則」実現へ

マエケンさんのように!ドラフト4・小林「2年目開花の法則」実現へ

広島の2軍に評価急上昇中の逸材がいる。高卒新人のドラフト4位右腕・小林樹斗投手(18)が、今季全日程を終えたウエスタン・リーグで8試合に登板して防御率3・30と確かな成長をアピールした。入団後から9月 …

上本崇司、守備のみに終わることが多く…「反骨心」打撃練習を変えた

上本崇司、守備のみに終わることが多く…「反骨心」打撃練習を変えた

広島上本崇司内野手(29)が23日、マツダスタジアムでの練習後に「反骨心」を胸に日々取り組んでいると明かした。 これまで内外野守れるスペシャリストとして存在感を発揮してきた。 しかし、昨年まで紅白戦な …

高橋昂也が進化の零封!手術後、最長7回「全部の課題を克服できた」

高橋昂也が進化の零封!手術後、最長7回「全部の課題を克服できた」

広島・高橋昂也投手(22)が15日、「みやざきフェニックス・リーグ」のロッテ戦に先発し、左肘手術後最長の7回を被安打2、無失点と好投した。新フォームが定着し、1与四球と制球力が向上。手術前よりも進化し …