カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セイバーメトリクスの指標(wOBA)とは?貢献度が高い鈴木誠也!

2019年12月24日

セイバーメトリクスの指標(wOBA)とは?貢献度が高い鈴木誠也!

wOBAとは1打席あたりどれだけチームの得点増加に貢献したかを示す指標

野球のデータを統計学から客観的に分析するセイバーメトリクス。これまで日本のプロ野球で打者の実力を示す指標として用いられてきたのは、打率・本塁打・打点・盗塁などがメインだった。

しかし、『マネー・ボール(著マイケル・ルイス)』が日本で文庫化されると一般に広がりはじめ、少しずつではあるがセイバーメトリクス的な考え方が取り入れられるようになってきた。

メジャーリーグでは、選手の能力を示す上で有効な指標として広く活用されている。今回は1打席あたりにどれだけチームの得点増加に貢献したかを示すwOBAを紹介する。

計算式は「{0.7×(四死球-敬遠)+0.9×(単打+失策出塁)+1.3×(二塁打+三塁打)+2.0×本塁打}÷(打席-敬遠-犠打)」と非常に複雑。四死球や単打、二塁打、三塁打、本塁打それぞれに統計的な研究から妥当と思われる得点期待値から算出した係数を用いて算出される。

出塁率と長打率を足しただけのOPSはスラッガーの方が高くなる傾向にあるが、wOBAは出塁、安打の種別を細分化しているため得点への貢献度をより的確に示す。

【wOBA】
計算式:{0.7×(四死球-敬遠)+0.9×(単打+失策出塁)+1.3×(二塁打+三塁打)+2.0×本塁打}÷(打席-敬遠-犠打)
意味:1打席あたりにどれだけチームの得点増加に貢献したかを示す指標。Weighted On Base Averageの略で、平均で.330前後とされる。

スパイア [SPAIA] ちゃんねる

【セイバーメトリクス】wOBA とは?イチロー vs マイク・トラウトをデータで解剖したら凄いことに!

wOBA12球団トップは鈴木誠也

2019年のwOBAランキングでは、鈴木誠也(広島)が.444で両リーグを通じてトップ。パ・リーグ1位は.419の森友哉(西武)だった。

2019年のwOBA(規定打席数到達者のみ)ベスト5は以下の通り。

【セ・リーグ】
1位:鈴木誠也(広島).444
2位:坂本勇人(巨人).424
3位:山田哲人(ヤクルト).418
4位:バレンティン(ヤクルト).400
5位:ソト(DeNA).393

【パ・リーグ】
1位:森友哉(西武).419
2位:吉田正尚(オリックス).418
3位:ブラッシュ(楽天).409
4位:山川穂高(西武).401
5位:秋山翔吾(西武).390

(※引用元 SPAIA

関連記事

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

人的補償で巨人から広島へ、対戦した印象や相対した打者にしか分からない癖も? 巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移籍する長野久義外野手。 7日の発表から数日が経ったが、過去にドラフトで …

小林雅英氏が驚嘆する『鯉の謎』!「若手の体がみるみる大きくなる」

小林雅英氏が驚嘆する『鯉の謎』!「若手の体がみるみる大きくなる」

今季は強打の捕手・坂倉、20歳羽月も1軍でプレー 広島は主に救援投手陣の不調で開幕から出遅れ、Bクラスとなっているが、今季もまた、新たな“若鯉”が台頭している。かつてロッテの絶対的守護神として大活躍し …

佐々岡監督、新参謀と新戦力を加えてV奪回へ/2021年を見据える

佐々岡監督、新参謀と新戦力を加えてV奪回へ/2021年を見据える

3年ぶりのV奪回へ、佐々岡カープが着実に地盤を固め始めている。監督就任1年目の2020年は投打がかみ合わず、2年連続のBクラスに沈んだ。巻き返しへの第一歩となった秋季練習では明確な課題をつぶすべく練習 …