カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督、まずは投手王国の再建から/指揮官が見据える2020年

2019年12月26日

佐々岡監督、まずは投手王国の再建から/指揮官が見据える2020年

投手王国再建へ――。2016~18年にセ・リーグ3連覇を成し遂げた緒方孝市前監督に代わり、球団では1967年長谷川良平以来、53年ぶりの投手出身監督が誕生した。

4連覇を目指した2019年は今村、一岡、中崎らリーグ3連覇を支えたリリーフ陣が故障などで離脱。

菊池保、中村恭ら新たな戦力の台頭は光ったが、年間を通して勝ちパターンを定めることができなかった。終盤の失速が尾を引き、クライマックスシリーズ進出を逃した。20年へ向け、精彩を欠いたブルペン陣強化が課題として浮き彫りになった。

改革はすでに始まっている。秋季キャンプ中には先発として17年に12勝、18年に8勝を挙げるも19年はゼロ勝に終わり、復活を目指す岡田をセットアッパーで起用するプランを明かした。オフには中継ぎ強化へ新助っ人投手2人を獲得。新戦力に加え中崎、フランスアを守護神候補として挙げ、「競争」を促した。

ドラフト1位で獲得した大学ナンバーワン右腕の森下にかける期待も大きい。監督就任後初めてのドラフトで「即戦力投手がほしい」と意中の右腕の一本釣りに成功。自身や前田健太(現ドジャース)が継承してきた「背番号18」を託した。指揮官は「エースになってほしい。しっかり開幕一軍に入って、ローテーションに入ってもらいたい」と即戦力として活躍を望んだ。

「V奪回」「一体感」。指揮官は、このフレーズを強調し続ける。投手王国を築き上げ、リーグ制覇、そして日本一を目指す。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

大瀬良&新井氏新春対談/V奪還へ輝き取り戻す!キャリアハイに自信

大瀬良&新井氏新春対談/V奪還へ輝き取り戻す!キャリアハイに自信

輝く2022年が明けた。広島の大瀬良大地投手(30)は、自身の進化に大きな希望を抱き、キャリアハイの高みを目指す。 スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(44)との新春対談。エースは(1)昨季の挫折から得た …

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

プロ野球解説者の小田幸平氏がおくる、各球団の現在地。セ・リーグ3連覇を達成し、今シーズンは悲願の日本一を目指す広島カープ。「圧倒的な強さ」と語るその理由と、盟友・長野久義の変わらない姿勢を綴ります。 …

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

広島市在住の迫氏は、「カープ人気が高まった背景には、マツダスタジアムの存在も大きい」とも語る。マツダスタジアムは旧広島市民球場の老朽化に伴い市が建設した、米メジャー流の「ボールパーク」である。競技を観 …