カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

2020年2月3日

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

「カープ女子」という言葉が流行語となったのは2014年あたり。あれから6年、カープの人気は衰えるどころか今なお勢いを増している。カープとはもちろん、プロ野球の広島東洋カープのことだ。

2016年~2018年にかけてペナントレース3連覇。いまやカープは人気球団であると同時に、屈指の強豪球団でもある。そんなカープにも、長い冬の時代があったことを皆さんは知っているだろうか。

優勝はおろかAクラスすら遠かった、あの時代。清貧球団ならではの悲哀が漂った、あの時代。それでも熱く戦ったカープ戦士たちの足跡を、今回は「あるある」形式で振り返ることにしよう。

カープの魅力とは

なぜカープを応援するのか。それはカープがひたむきに戦う球団だからだ。他に理由はない。

勝っているときも負けているときも、カープは常に団結して全力で戦う。どこか高校野球のようなノリを残す、泥臭い野球。それこそがカープの最大の魅力なのだ。

だが懸命に戦うチームだからこそ、負け続ける姿が痛々しく映る時代もあった。いわゆる第二次暗黒時代。1998年~2012年にかけて、カープは15年連続でBクラスに沈んだ。出口の見えない暗闇を彷徨い続けた。

それでも選手は必死に戦い、ファンは声援を送り続けた。苦しかった時代にはカープという球団のアイデンティティが凝縮されてもいた。

常勝球団となった今だからこそ、心に刻んでおきたい低迷期の記憶。個性派選手から珍事件、感動の名シーンまで。全てを詰め込んだ渾身の「暗黒カープあるある」、それではどうぞ!!

「暗黒カープあるある」80連発

1. ミンチー、今日も元気に中4日で先発
2. 山内のUFO投法
3. 中国新聞のコラム「球炎」が手厳しすぎる
4. 5位が指定席
5. 4位だった年の「今年は頑張った」感
6. 新井のバット投げがカッコ良かった
7. 新井の応援歌もカッコ良かった
8. ドラフトにラッキーストライクを持参する達川監督
9. うっちーべっちー
10. 胃から汗が出る練習
11. 素手でノックを受ける野村
12. びっくりするくらいキャンプで故障者が出る
13. 逆走してディアスのHRを帳消しにする新井
14. 朝山東洋とかいうカープ愛にあふれた名前の選手
15. 右の町田、左の浅井
16. 極度の左腕不足
17. なぜか打撃の良い投手が多い
18. 勝率3位でもBクラスの怪
19. ブラジルの星、玉木
20. 巨人と広島を何度も往復する内田コーチ
21. 伸び悩む長谷川にやきもき
22. 二遊間を守る助っ人をやたらと連れてくる
23. 岡上、悲劇のお立ち台
24. 投球よりも打撃が凄かったブロック
25. 赤ゴジラ旋風にワクワク
26. 開幕から好調も「鯉のぼりの季節まで」との声
27. 木村一喜、山本浩二の焼酎を勝手に飲む
28. スラィリーの仲間を作ってあげても良いのでは……
29. 「5番レフト・前田」という風景
30. 内角攻めを強く推奨する安仁屋コーチ
31. 阪神に3試合で3-34とサンドバッグにされる
32. スポーツニュースでカープが全く話題にならない
33. 終わりの見えない石原 or 倉論争
34. 打撃妨害でサヨナラ負けを喫してしまう
35. 浅井の引退試合が素晴らしすぎた
36. 思いよ届け……黒田残留を願いスタンドが赤く燃えた
37. 永川の豪快な投球フォーム
38. 先頭打者を歩かせてからの四者凡退という伝統芸能
39. 赤いハンカチ王子
40. ルーキー「梵英心」の読み方が分からず困惑
41. 安心のシュール便
42. 尾形佳紀を忘れない
43. 隠し球の山崎
44. ベースを投げる監督がいる
45. ベースを埋める監督もいる
46. ブラウン監督が退場になったときの勝率が高い
47. 少しずつ太っていったブラウン監督
48. 謎のナックルボーラー、フェルナンデス
49. なぜか喜田剛の応援歌だけスクワットコールがない
50. 漫画のように曲がる林のスライダー
51. 林昌樹(広)、林昌範(巨)、林昌勇(ヤ)
52. (栗原のホームラン数-1)=台風の発生数
53. エースと4番が同時に抜けたときの衝撃
54. 黒田の穴を埋めるためにやって来たルイス
55. 黒田の穴なんて埋まらないと思ったが埋まった
56. 新井の穴を埋めるためにやって来たシーボル
57. 新井の穴は埋まらなかった
58. それでもファンに愛されていたシーボル
59. 東出と阪神の今岡は顔が似ている
60. 梅津、林、青木のサイドスロー3人衆
61. 悪球打ちの名人、末永
62. フィリップスの外野守備が草野球レベル
63. 「スコット」が3人同時に在籍していたことがある
64. 1イニングに15点取られてしまう
65. してやったりの西武ドーム、内野5人シフト成功
66. 9イニングで試合時間が2時間を切ったことがある
67. 久しぶりに帰ってきたベイルが劣化していた
68. 廣瀬のレーザービーム
69. 赤松のHRキャッチが何回見てもすごい
70. ついでに天谷のHRキャッチもすごい
71. チュークの背中にセミが止まる
72. 指名打者に投手を起用してしまう
73. 河内の復活に号泣
74. 江草と嶋の里帰りトレード
75. エルドレッドの調子の波
76. 遅咲きの左腕キラー、井生
77. ドラフト戦略の転換、少しずつ整う戦力
78. そしてつかんだ16年ぶりのAクラス
79. ついに低迷に別れを告げるときが来た
80. それを見届けるように、前田はバットを置いた……

以上だ!

季節は巡る

長い目でプロ野球の歴史を見れば、どの球団も基本的に良い時代と悪い時代を往来している。ずっと勝ち続ける、ずっと負け続けるということは稀なのだ。カープもしかり。今は強いが、いずれまた苦しい時代はやってくるだろう。

それでもカープがひたむきに戦うチームである限り、そして声援を送り続けるファンがいる限り、カープという球団が無くなることは絶対にない。それが日本で唯一の市民球団、広島東洋カープなのだから──。(グレート室町)

(※引用元 ROCKET NEWS 24

関連記事

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

昨季までセ・リーグ3連覇の広島が、今季は“突発性乱高下症”に苦しんでいる。 14日の楽天戦(楽天パーク)で2-11の大敗を喫し、同日現在、交流戦は2勝7敗1分けで12球団中単独最下位。セ・リーグ首位の …

倉1軍コーチ、捕手力強化プラン!會澤は「ちょっとした癖がある…」

倉1軍コーチ、捕手力強化プラン!會澤は「ちょっとした癖がある…」

捕手王国の礎を築く!広島が29日、来季のコーチングスタッフを発表した。2軍から倉義和バッテリーコーチ(44)と朝山東洋打撃コーチ(43)、3軍から沢崎俊和投手コーチ(45)がそれぞれから昇格。 横山竜 …

松田オーナー「チャンピオンらしく戦え」自力V消滅で緒方監督にゲキ

松田オーナー「チャンピオンらしく戦え」自力V消滅で緒方監督にゲキ

広島の松田元(はじめ)オーナー(68)が15日、前夜の巨人戦で敗れて自力優勝の可能性が消滅した緒方孝市監督(50)に「チャンピオンらしく戦え」とシーズン終了まで死力を尽くすようゲキを飛ばした。 4連覇 …