カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新助っ人スコット、悲願日本一の救世主となるか…NPB初の南ア出身

2020年2月3日

新助っ人スコット、悲願日本一の救世主となるか…NPB初の南ア出身

春季キャンプは新外国人選手の品評会でもある。今年も大量の初来日だが、見逃せない異色派が日本プロ野球界初の南アフリカ共和国出身、広島のデイラー・スコット(25)投手だ。

昨年の日本開催ラグビーW杯で母国が3大会ぶり3度目の優勝。いまだフィーバーの余韻が残る中、「NPB初の南アの選手として、恥ずかしくないものを見せたい。自分の国には誇りを持っているから」とタイムリーな自己PRを見せた。

米国でもマリナーズ在籍時の昨年6月、南ア出身初のメジャーデビューで話題に。松田オーナーは「7、8回くらい」とセットアッパー役を期待するが、190センチの長身右腕は「去年は3Aでクローザーもした。臨機応変にできる自信はある」と準備万端。

東京五輪イヤーで昨季より1週間も早い開幕に備え、例年より1カ月前倒しして体を仕上げてきたという。

昨季、球団記録更新のリーグ4連覇に失敗したのは、“丸ロス”だけにとどまらない。セットアッパー・フランスア、守護神・中崎という勝利の方程式が崩壊したのも大きな要因だ。母国の世界一に続き、スコットが広島悲願の日本一へ新たな救世主になるのか。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

怒涛の5月攻勢で首位に立ったカープ。本来の得点力も取り戻してナインが盛り上がる場面も増えてきました。その中で最も目立つ男と言えば元気印・上本崇司。 紙面に掲載しきれないほっこりショットが多数ありますの …

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

広島が8日、菊池涼介二塁手(29)のポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認すると発表した。 メジャーに飛び込んだ野手のうち、外野手ではイチロー、松井秀喜らが結果を残しているのに対し、過去8人を数え …

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

広島・鈴木誠也外野手(25)は21日、“先生役”を通してさらなる進化への手応えを得たことを明かした。6日から宮崎県串間市内で行っていた野間らとの合同自主トレを前日20日に打ち上げて、廿日市市内の大野練 …