カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

元監督・達川光男氏の『分析』、開幕ショートは田中広輔か小園海斗か

2020年2月4日

元監督・達川光男氏の『分析』、開幕ショートは田中広輔か小園海斗か

2016年から3年続いたプロ野球セ・リーグ優勝を2019年に逃した広島カープは、佐々岡真司新監督のもと、2020年こそはセ・リーグV奪回と、1984年以来となる日本一を目指す。

新シーズンへ向けてのポジション争いも勢い、激しくなっている。広島の元監督である達川光男氏は田中広輔(30)と高卒2年目の小園海斗(19)のどちらがショートの開幕スタメンに名を連ねるかに注目している。

「佐々岡監督は田中の安定性を取るのか、小園の勢いや将来性を取るのか。開幕にどちらがくるかで、目指すチームが見えてくる。

昨季は田中の調子が悪く、8月にヒザの手術もしたことで、小園は58試合に出場できた。だけど、今季の田中は万全だからね。選手会長就任も奮起材料になっている。

今の小園の姿と重なるのが1990年に入団した前田智徳。2年目(1991年)に1番センターで開幕スタメン出場し、先頭打者本塁打を打った。

レギュラーに定着してほぼフル出場し、チームもリーグ優勝した。小園が開幕スタメンに名を連ねるようなら、チーム力は相当に上がっている」

天才打者は誕生するか。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

新井貴浩氏、誠也に感じた凄み!「率も、本塁打も、もっと伸びる…」

新井貴浩氏、誠也に感じた凄み!「率も、本塁打も、もっと伸びる…」

スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。1日は古巣・広島の天福球場を訪れ、赤ヘルだけでなく …

もしも、菊池涼介が去ったなら…、広島カープのセカンドはどうなる?

もしも、菊池涼介が去ったなら…、広島カープのセカンドはどうなる?

最も現実的なプランは…… 広島の菊池涼介のポスティングによるメジャー挑戦の希望が、球団によって認められ、日本の誇る名セカンドは海の向こうを目指すことになった。今後、どのチームが手を挙げてくるかは注目だ …

坂倉将吾が追求する実戦勘、試合に出なくても成長した『レアケース』

坂倉将吾が追求する実戦勘、試合に出なくても成長した『レアケース』

人はまだ見ぬものに、ロマンを感じるものだ。プロ野球の新戦力にも、同じような感覚を抱くファンもいるに違いない。とくに優勝の可能性が遠くかすみ、目標を見出しにくい球団のファンならなおさらだ。 2016年か …