カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

『特殊なカーブ』に、江夏豊さんも驚愕!森下暢仁の開幕が待ち遠しい

2020年3月12日

『特殊なカーブ』に、江夏豊さんも驚愕!森下暢仁の開幕が待ち遠しい

新型コロナウイルス禍の影響で、3月20日のプロ野球開幕の延期が決まった。こればっかりは終息を待つしかない。開幕から逆算して周到な準備をしている選手も大変である。“見えない解禁日”はなお厄介だが、この男に不安はない!?

広島のドラ1ルーキー、森下暢仁投手、22歳である。

無観客のオープン戦、8日の西武戦で先発して5回散発3安打、8奪三振のビッグピッチ。佐々岡監督は「当然、ローテに入ってやってくれると思っている」と太鼓判を押した。

“生見”したことがある。2月上旬、宮崎・日南キャンプを訪れた。エース大瀬良、ジョンソンとともに投げていたブルペン。広島OBでもある“レジェンド”江夏豊さんが驚愕していた。

「森下君のカーブは特殊なカーブ。速球、カット、チェンジアップと変化球もいい。ボールを見る限り十分即戦力。先発ローテに入るだろうし、1年間ローテを守れば、おのずと2ケタ勝利。新人王も有望だろう」

“特殊なカーブ”に関して、侍ジャパンのテクニカルディレクターである鹿取義隆さんがこう解説してくれた。

「投げた瞬間にフワッと浮き上がって打者の視線を上げるような、よくあるカーブとは違う。球速があり、スピンが効いて打者の手元で落ちるイメージ。現役なら楽天の岸、昔なら江川(卓)さんが投げていた。武器になりますよ」

さらに、2年前まで巨人ヘッドコーチを務めていた村田真一さんは「ボールもいいけど、フィールディングがいい。野球センスを感じる。僕らの時代の桑田真澄(元巨人など)みたいなね」と。絶賛の嵐でした。

背番号18はメジャー移籍した前田健太以来、5年ぶりの復活。端正な顔立ちの大学ナンバー1右腕に対する期待度の表れだが、現実にその片鱗を見せた。本物である。感染症問題で見えない日々が続くが、本番が待ち遠しいです。(清水満)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

今季は先発ローテーションの一角と期待された右腕・中村祐太が苦しんでいる。4月18日のヤクルト戦(マツダ広島)7回1失点から、開幕3戦3勝の好スタート。同24日のDeNA戦(横浜)では9回途中2失点で2 …

2位との対戦に、圧倒的な強さを誇ったカープ!/好珍記録アラカルト

2位との対戦に、圧倒的な強さを誇ったカープ!/好珍記録アラカルト

長いシーズンの中には、偉大な記録から、あっと驚く珍記録までさまざまな数字が残された。記憶に残る記録から、そうでもないものまでギュッと凝縮してお届けしよう。 圧巻の巨人戦3連勝 今季82勝のうち半数の4 …

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

最後まであきらめない。プロ7年目の田中広輔は今年、シーズン前半戦は苦しいシーズンを送っていた。8月末時点で打率も2割を切る寸前まで落ち込んだ。かつてリードオフマンとして、リーグ3連覇に貢献した姿はなく …