カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

石原が開催した『新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会』

2019年7月18日

石原が開催した『新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会』

数字に出ない貢献度

前回、FAで阪神に行くとき、石原慶幸に直接伝えたりはしていなかったという話をさせてもらいましたが、それは2014年オフにタイガースを自由契約になったときも同じでした。私から連絡はしなかったし、彼からも連絡が来ることはなかった。カープ復帰が正式に決まってからですね、彼のほうから「また一緒にやるの、うれしいです」とメールをもらったのは。

それから、春季キャンプのときには「みんなと食事に行く機会を作るんで、新井さん、空けておいてくださいよ」と言われました。それで行われたのが、ウワサの(!?)『新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会』です。

私がカープに帰ってきたとき、チームには私と一緒にプレーしたことのある選手は、ほとんどいませんでした。若い選手からしたら「新井さんってどんな人なんだろう。怖いのかな。うるさいのかな」とか気になっていたと思うんです。それが、若い選手のことも知っているし、私のこともすごく知っている石原が間に入ってくれたことで、一気にチームメートとの距離が縮まりました。

食事会もそうですが、普段から石原が私と若い選手との間に入ってくれて和気あいあいとした雰囲気を作ってくれたことで、私もやりやすかったですし、若い選手たちもやりやすかったんじゃないでしょうか。そういう意味では、彼の存在はすごく貴重で、ありがたかったです。

黒田博樹さんも同じ気持ちだったと思います。黒田さんも私も、彼が間にいたことでチームに溶け込むのも早かった。だからこそ、チームが一丸となって優勝に向かっていけました。目立つ存在ではありませんでしたが、彼もまた、優勝のために欠くことのできぬキーマンの1人だったと思います。

数字や結果に出ない部分も、チームにとって大切なことはあります。僕らと若い選手の間だけでなく、チームがまとまっていくうえで彼の存在というのは、すごく重要でした。ただ、1つチクリと言っておきましょう。彼、私には全然遠慮しないのに、黒田さんにはめちゃくちゃ気を使っているんですよ。だから冗談で、「お前、人、見過ぎよ。少しは俺にも気を使え」と言ったこともあります。本当はめちゃくちゃ気を使ったうえで、私に甘えているんだと思いますけどね。石原! そうだろ。

阪神に行くときも、カープに戻ってくるときも、石原に対して特に報告はしてこなかった私ですが、引退するときは事前に直接伝えていました。6月の終わりころだったと思います。黒田さんと一緒に食事をしているときに「今年でやめる」と。

黒田さんは「ほんまか」みたいな感じでしたが、石原はずっと黙っていましたね。何にも言わなかった。あとから聞いたら「やはりショックだし、さびしかった」とは言っていましたね。

それから数日経ったころに「(気持ち)変わりました? まだやりましょうよ。まだできますよ」と言ってきましたが、「俺はもう変わらん」と答えていました。

最後となった日本シリーズのときも、特別な言葉はなかったです。前回も書きましたが、彼とは近過ぎて、私は「お前、分かっているだろ」という思いがあり、石原も「新井さんは、こう考えているだろうな」というのが分かっていたと思います。だから、言葉は必要ない。石原とのそんな関係が、私はすごく楽でした。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

広島の街で久しぶりに巻き起こったFA狂騒曲は、丸佳浩が巨人移籍を表明して静けさを取り戻した。それまでが騒がしかっただけに、寂しさに打ちひしがれているように、広島の街は静まり返っていた。 地方の市民球団 …

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わっていかなければいけないのかもしれない。 新しいシーズンが幕を開けたプロ野球では、4連 …

大瀬良『神対応』への叱責、勝負の世界で「メシを食っていく」こと

大瀬良『神対応』への叱責、勝負の世界で「メシを食っていく」こと

広島大瀬良大地投手が5月度のセ・リーグ投手部門で「日本生命月間MVP賞」を初受賞しました。5月は2完投を含む4戦4勝、防御率2・03の好成績。首位広島を支える立派な成績です。 その報を受けて、思い出す …