カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

応援歌『それ行けカープ』、古葉竹識監督が歌う予定だった/トリビア

2020年4月10日

応援歌『それ行けカープ』、古葉竹識監督が歌う予定だった/トリビア

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れているプロ野球だが、早く球場で応援歌を歌いたいと願っているファンも多いことだろう。そんなプロ野球応援歌のトリビアを紹介しよう。

ヤクルトスワローズの応援歌『東京音頭』に合わせてファンは歌いながら傘を振り上げるが、なぜ「傘」なのかはあまり知られていない。元ヤクルト球団関係者が明かす。

「金田正一さんが投げていた国鉄スワローズ時代の1950年代初頭、ファンが少なく閑古鳥が鳴いた神宮球場で、たった1人でも応援していた球団公認の応援団長・岡田正泰さんが始めたそうです。

ある日、試合中に雨が降ってきた。応援仲間が雨傘をさすと、少ない人数でも大応援団に見えると気づき、晴れの日でも傘をさすようにしたそうです」

広島カープのホーム戦では、7回裏の攻撃前に『それ行けカープ~若き鯉たち~』を歌う。

お披露目されたのは1975年。もともとは当時の古葉竹識監督が歌う予定だったが、直前に地元ラジオ局のDJで歌手の塩見大治郎氏に代わったという。古葉氏本人が言う。

「歌には自信がありましたし、直前までやる気マンマンでした。でも僕の声だと、チームの成績が悪くなったらファンが歌ってくれなくなっちゃう。それで思い直したんです。

応援歌はベンチで聞いても気持ちいいもんです。球場がひとつになるというかね。今でも口ずさむし、塩見さんに変わってもらって良かったと思いますよ」

2013年秋に44年ぶりに再結成したザ・タイガース。沢田研二は筋金入りの虎党で、同年のCSで敗退した阪神に檄を飛ばすかのように『六甲おろし』ロックバージョンを熱唱した。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

新井さん、世界一の捕手とバッタリ再会!2ショット写真に鯉党大喜び

新井さん、世界一の捕手とバッタリ再会!2ショット写真に鯉党大喜び

元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が21日、自身のブログを更新。バッタリ再会したある人との笑顔の2ショット写真を掲載し、カープファンを喜ばせた。 新井さんは「偶然!!」のタイト …

カープファンのグラドル・倭早希、『推し選手』上本のプロ初本塁打に

カープファンのグラドル・倭早希、『推し選手』上本のプロ初本塁打に

グラビアアイドルでタレントの倭早希(やまと・さき=29)が12日、ニッポン放送の新番組「ラジオペナントレースNEXT」制作発表会見に出席し、“推し選手”について力説した。 同番組は、プロ野球をこよなく …

万能選手だった中東直己さんの今…「出会いを大切にする」営業マンに

万能選手だった中東直己さんの今…「出会いを大切にする」営業マンに

広島で万能選手として活躍した呉市出身の中東直己さん(38)は16年の引退後、広島を拠点に不動産業を営む「株式会社 大和興産」に勤務している。引退から今年で3年。現在の仕事内容や現役時代の思い出などを聞 …