カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

2019年6月15日

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

昨季までセ・リーグ3連覇の広島が、今季は“突発性乱高下症”に苦しんでいる。

14日の楽天戦(楽天パーク)で2-11の大敗を喫し、同日現在、交流戦は2勝7敗1分けで12球団中単独最下位。セ・リーグ首位の座も風前のともしびとなっている。

2年連続リーグMVPの丸がFAで巨人に流出した今季は、開幕直後から最下位を低迷。5年ぶりのV奪回を至上命令とする原巨人を勇気づけるような、ふがいない戦いぶりが続いた。

かと思えば、5月11日から11連勝し、いつの間にか首位の座に駆け上がって、やはりリーグ4連覇は固いと思わせた。ところが、交流戦に突入した途端のエンストだ。

エース・大瀬良が登板した12日の日本ハム戦(札幌ドーム)では、相手のゴールデンルーキー・吉田輝星のプロ入り初登板初勝利の引き立て役を務めた。弱いのか、強いのか、全くわからない乱高下が続く。

リーグ4連覇、そして35年ぶりの日本一達成を願って熱烈な声援を送る、いまや全国に分布する赤ヘル党も戸惑うばかりだろう。交流戦が終われば、再びケロリとして最強赤ヘル軍団に豹変する可能性もある。

リーグ優勝を争うライバルの原巨人も、二つの顔を持つ広島の戦いぶりに、気が気ではない。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

衝撃の事実が発表された。広島の緒方孝市監督(50)が全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)に時代錯誤の“鉄拳制裁”を与えていたというのだ。高校野球でも体罰は問題視され、撲滅の方向に進んでいる時代(いま …

大瀬良大地、佐々岡監督からの食事オファーに「楽しみにしています」

大瀬良大地、佐々岡監督からの食事オファーに「楽しみにしています」

広島大瀬良大地投手(30)が佐々岡監督からの「オファー」を喜んだ。 シーズン後、指揮官は国内FA権を取得している大瀬良と九里の残留を望み、「一応2人には目の前で話をしました。食事にも行ける機会があれば …

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

「カープ女子」という言葉が流行語となったのは2014年あたり。あれから6年、カープの人気は衰えるどころか今なお勢いを増している。カープとはもちろん、プロ野球の広島東洋カープのことだ。 2016年~20 …