カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

2019年6月15日

突発性乱高下症に悩む、開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

昨季までセ・リーグ3連覇の広島が、今季は“突発性乱高下症”に苦しんでいる。

14日の楽天戦(楽天パーク)で2-11の大敗を喫し、同日現在、交流戦は2勝7敗1分けで12球団中単独最下位。セ・リーグ首位の座も風前のともしびとなっている。

2年連続リーグMVPの丸がFAで巨人に流出した今季は、開幕直後から最下位を低迷。5年ぶりのV奪回を至上命令とする原巨人を勇気づけるような、ふがいない戦いぶりが続いた。

かと思えば、5月11日から11連勝し、いつの間にか首位の座に駆け上がって、やはりリーグ4連覇は固いと思わせた。ところが、交流戦に突入した途端のエンストだ。

エース・大瀬良が登板した12日の日本ハム戦(札幌ドーム)では、相手のゴールデンルーキー・吉田輝星のプロ入り初登板初勝利の引き立て役を務めた。弱いのか、強いのか、全くわからない乱高下が続く。

リーグ4連覇、そして35年ぶりの日本一達成を願って熱烈な声援を送る、いまや全国に分布する赤ヘル党も戸惑うばかりだろう。交流戦が終われば、再びケロリとして最強赤ヘル軍団に豹変する可能性もある。

リーグ優勝を争うライバルの原巨人も、二つの顔を持つ広島の戦いぶりに、気が気ではない。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

森下、大学ラストゲーム敗戦も「このチームで野球ができてよかった」

森下、大学ラストゲーム敗戦も「このチームで野球ができてよかった」

「東京六大学野球、立大1-0明大」(30日、神宮球場) 広島からドラフト1位指名を受けた森下暢仁投手(4年・大分商)の大学ラストゲームは惜敗で終わった。七回の先頭で代打として出場。八回は初めて左翼の守 …

誠也、引退セレモニー・赤松に花道を!27日最終戦勝ってCS決める

誠也、引退セレモニー・赤松に花道を!27日最終戦勝ってCS決める

大一番で必勝じゃ!広島は今季最終戦となる中日戦(マツダ)を翌日に控えた26日、全体練習を行った。最終戦で勝てば、自力でのCS進出が決まる。鈴木誠也外野手(25)、松山竜平外野手(34)、会沢翼捕手(3 …

緒方監督の鉄拳制裁騒動で思い出す…あの古葉氏は体罰監督だった!?

緒方監督の鉄拳制裁騒動で思い出す…あの古葉氏は体罰監督だった!?

日本野球機構(NPB)は25日、怠慢プレーの野間に激怒し、平手打ちした緒方孝市監督(50)を「厳重注意処分」にした広島球団の対応を了承。新たな制裁を科さないと明かした。 「広島から報告を受けています。 …