カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

2021年1月26日

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

プロ野球感動!カムバック伝説

怪我…リハビリ…諦めかけた。でも、もう一度 野球がやりたい…!不屈の闘志で過酷な運命と闘い、不死鳥のように蘇った男たちの物語!

男は鬼と化し炎の剛球を投げ込んだ!

津田恒実(広島)

ツネゴンは1982年11勝6敗の成績を残し、広島初の新人王に輝く。が以降は指の血行障害などに悩まされ、ついに世界初となる中指の靭帯を摘出する手術を受けた。もともと心優しい男だったが、事が野球に関すると鬼と化す。

肌身離さなかった球に『弱気は最大の敵」と書き、己を鼓舞した。「マウンドに立ちたい」一心で辛いリハビリに耐え、復活できたのは1986年だった。抑えとして復活するや鬼と化し、放つ球は唸りを上げる。

その鬼神ぶりは『炎のストッパー』と称され、セ界を震撼させた。シーズン前半は3勝4敗12S、防御率0.93で、広島首位折り返しの原動力となった。

そして、マジック1となった試合で最終回にマウンドに立ちピシャリと抑え、胴上げ投手となる。チーム5度目のリーグ制覇に大きく貢献したツネゴンは、4勝6敗22S、防御率2.08でカムバック賞を手にした。

しかしその後、脳に腫瘍が発見され……。津田恒実、享年38歳。余りにも早すぎるお別れだった。

(※引用元 ラブすぽ

関連記事

坂倉将吾「やっぱり捕手で出たい!」、春の注目は、ポスト・會澤争い

坂倉将吾「やっぱり捕手で出たい!」、春の注目は、ポスト・會澤争い

新年の幕開けから1カ月が過ぎようとしている。プロ野球選手の正月ともいえる2月1日キャンプインまで、もうすぐ。球春がいよいよ幕を開ける。 王座奪還を目指す広島の春季キャンプメンバーが発表された。チーム作 …

http://www.sanspo.com/baseball/news/20180408/car18040813080002-n1.html

好調カープ打線が韓国製秘密マシン導入、3連覇へ打って、打ちまくる

セ・リーグ最強のカープ打線が秘密マシン導入!?黒いボディーの側面は「ZEST(ゼスト)」のロゴ。マツダスタジアムのベンチ裏の一室に突如出現し、話題を呼んでいる。 高ヘッドコーチは「新しい機械を導入した …

今季の鈴木誠也は三冠王が期待できると井端弘和が語った根拠とは!?

今季の鈴木誠也は三冠王が期待できると井端弘和が語った根拠とは!?

井端弘和が今シーズンは三冠王に期待するだけと語った鈴木誠也。鈴木誠也に三冠王を期待できる理由として、井端弘和は彼のメンタルの強さを挙げる。 そのメンタルが強いと思った日本代表時のエピソードを語ってくれ …