カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季もコロナ禍対策に悪戦苦闘のプロ野球界…最大の焦点は広島の動向

2021年4月5日

今季もコロナ禍対策に悪戦苦闘のプロ野球界…最大の焦点は広島の動向

令和3年プロ野球で最大の焦点は、広島の動向といえるかもしれない。コロナ禍のために昨季、46年ぶりの赤字に転落。立て直しの成否は球界全体を左右する。

マツダスタジアムで中日との開幕3連戦、続いて阪神戦。今季もコロナ感染拡大防止のために観客動員は制限付き。1万6000人台の観衆の広島。

松田元オーナーは苦しい立場を認め、開幕前にこう強調している。

「(昨年は入場制限で)入場券が売れなかったが、熱心なファンに支えてもらった。今年はいろんな工夫をして黒字を出したい」と。

地元紙の中国新聞の報道は衝撃的だった。昨季、コロナ禍で観客動員激減で、46年ぶりの赤字に転落。売上高は前年比83億4489万減の85億5735万円。2年連続の減収で9年ぶりに100億円を下回った。

さらに、入場者数は前年の222万3619人から53万7857人に。グッズ収入も22億8800万円減の13億5600万円に。

そして、資本金を3億2400万円から5000万円に減資。税法上では中小企業の扱いとなり、税の優遇措置を受けられるようになった。

どの数字もショックで、松田元オーナーの言葉も痛々しく感じられる。

各球団ともコロナ禍の直撃を受けて苦戦しており、他球団にとっても対岸の火事ではない。「本当に広島のファンの熱狂ぶりにはかなわない。12球団一だ」とこれまで他球団が脱帽していた、プロ野球屈指の人気球団ですらこの非常事態が到来したのだから。

今季の広島がどうこの危機から脱出するのか。プロ野球界全体が注視しているのだ。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

赤ヘルの若大将・小早川毅彦、戦力外から逆襲の3連弾!/不屈の物語

赤ヘルの若大将・小早川毅彦、戦力外から逆襲の3連弾!/不屈の物語

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 13年目の戦力外 いわゆる“ストーブリーグ”の季節は過 …

菊池「丸の打球は全部捕りたい」!大リーグ挑戦への思いも改めて語る

菊池「丸の打球は全部捕りたい」!大リーグ挑戦への思いも改めて語る

広島の菊池涼介内野手(29)と松山竜平外野手(33)が15日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!『OBvs現役 プロ野球好珍バトル2019春』」(後9・00)にゲスト出演。昨オフに主軸だった丸佳浩 …

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

原巨人のFA戦略が巷を騒がせている。広島から丸佳浩、西武から炭谷銀仁朗を獲得したが、人的補償で長野久義、内海哲也という“生え抜きスター”を失った。ともにドラフトで他球団の指名を蹴り“ジャイアンツ愛”を …