カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

2018年1月22日

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている「定位置」と言える。

昨年6月10日の楽天戦(Koboパーク宮城)で通算200犠打を達成。プロ野球39人目の記録に史上4番目のスピードで到達した。

「チームのためにと思ってやってきた積み重ねです」と語るように、献身的な仕事が二番としての基本姿勢。右打ちも徹底する。最近はベンチの方針でバント以外に打ってつなぐことも多いが、きっちりこなしてみせる。緒方孝市監督も「難しい打順の中で、頼もしい」と全幅の信頼を寄せる。

そんな小技だけでなく、飛距離も持ち合わせる。長野・武蔵工大二高(現東京都市大塩尻高)時代に、2学年上で元ソフトバンクの中原恵司氏の大きな打球にあこがれた。そして練習にロングティー打撃を本格導入し、バットを入れる角度やスピンのかけ方を研究。飛ばすコツをつかんだという。

昨年WBC準決勝のアメリカ戦、速球派右腕・ジョーンズ(ホワイトソックス)から右翼席にたたき込んだ同点ソロは記憶に新しい。今オフの優勝旅行先のハワイでは、チーム内のゴルフコンペでドラコン賞に輝いたほどだ。

年が明けた18年シーズンでも、田中広輔、丸佳浩との「タナキクマル」トリオは健在。「忍者」と形容される守備も加え、最強の二番として輝き続ける。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

元カープ・安部が明かす、長野の気遣い「長野さんの言葉を聞いて…」

元カープ・安部が明かす、長野の気遣い「長野さんの言葉を聞いて…」

はじめまして。昨季まで広島東洋カープでプレーしていた安部友裕です。現在は指導者として活動しています。 “指導”という言葉だと、なんだか上から目線みたいに聞こえてしまいますが、まずは子どもたちが野球を楽 …

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

勝負強さが四番打者の必須項目ならば、鈴木誠也はピタリと合致する存在だ。 一軍定着後、得点圏打率は3年連続で3割以上をマークした。2015年は.358、16年は.346、17年は.308とやや下回ったが …

元プロ野球・喜田剛が振り返る10年間の現役生活、広島での才能開花

元プロ野球・喜田剛が振り返る10年間の現役生活、広島での才能開花

現在アンダーアーマーの総代理店である株式会社ドームで、コンシューマーマーケティング部のチームリーダーとして活躍している喜田剛氏。 ドーム社に入社する前は阪神や広島などセパ4球団を渡り歩き、プロ野球選手 …