カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

2018年1月25日

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

試合の最後まで、一番・遊撃でグラウンドに立ち続ける。田中広輔は2016年、17年と2年連続のフルイニング出場を達成した。広島の遊撃手としては初の偉業。野村謙二郎氏でも高橋慶彦氏でも到達できなかった領域だ。

「レギュラーである以上、試合に出続けるというのは目標」と語る。18年以降に向けても「こだわりはある。行けるところまで続けていきたい」と意欲を示した。17年は3月のWBCにも出場。長いシーズンでの苦しい時期も乗り越えてきた。

勲章も手にした。初のタイトルとなる最高出塁率と盗塁王の2冠を獲得。16年シーズン後に盗塁王を狙うと宣言し、有言実行だった。

さらに18年に向けては35だった盗塁を「40はしたい。1年だけで終わってしまうのは寂しいので続けて獲りたい。いいスタートが切れていないのに行ってしまうことがあった。改善できれば届くと思う」と目標も口にする。

打率は「3割」を、出塁率は「4割」を目標に掲げ、開幕へコンディションを整えている。

球団からも一番打者としての役割を高く評価された。契約更改では6200万円増の推定年俸1億4000万円でサイン。5年目で大台を突破し、一流選手の仲間入り。「ひとつの目標だったので、素直にうれしいです」と頰を緩めた。

交渉にあたった鈴木清明球団本部長は「一番として連覇に貢献してくれた」と最大級の評価を下した。好不調の波が少なくなり、欠かせぬ存在になったタフガイ。18年も不動のトップバッターとして3連覇を先導する。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

北別府氏、今もうなされる暗黒の2年間「アウトを一つ取ることが…」

北別府氏、今もうなされる暗黒の2年間「アウトを一つ取ることが…」

広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が2日、自身のブログを更新。打ち込まれた投手のマウンドでの心境について赤裸々に告白した。 8月29日の巨人戦(東京D)で …

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

サビエル・バティスタ外野手がドーピング検査で陽性反応が出た。広島は“3番バッター”を欠いた苦しい試合が続いているが、そもそもプロ野球界のドーピング検査とは、どんなものなのか? 過去には“クロ”の検査結 …

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

熾烈な競争を繰り広げる捕手陣、ドラ1中村も「割って入るにはよほど頑張らないと」 強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。 …