カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林、快投の秘密…フォークだけでなく、ストレートでも空振りを量産

2021年5月26日

栗林、快投の秘密…フォークだけでなく、ストレートでも空振りを量産

広島のドラフト1位ルーキー・栗林良吏の勢いが止まらない。開幕からクローザーに抜擢されると初登板から快投を続け、5月4日の巨人戦で開幕14試合連続無失点の新人記録を達成。交流戦を迎えた時点でリーグ3位の9セーブ、無失点記録は17試合まで延ばしていて防御率は当然0.00である。

この快投の秘密は一体どこにあるのだろうか。

栗林の場合、何と言っても際立つのは三振奪取能力の高さだ。ここまで17.2イニングを投げて29奪三振。9イニング平均では14.77、対戦打者ベースにすると実に46.8%から三振を奪っている計算になり、これは10イニング以上の投手では12球団トップの数字だ。しかも、2位のR・マルティネス(中日)が41.4%、3位の平良海馬(西武)が36.8%と、栗林の数字は明らかに頭一つ抜けている。

なぜここまで三振を多く奪えるのか。まず、栗林の球種別投球割合を確認しておこう。最も多いストレートが43.1%、フォークの28.6%、カットボールが17.6%、カーブが10.6%となっている。

その中でも目につくのはやはりフォークの威力だ。空振り率35.6%は全球種を通じてもマルティネス(ソフトバンク)のチェンジアップに次ぐ高さ(50投球以上)で、被打率もわずか.037。今のプロ野球界で最も攻略不可能な球種の一つと言っても過言ではないだろう。

真っすぐで空振りを奪えるのも栗林の大きな強みだ。ストレートの空振り率16.4%は何と日本人トップ(12球団1位はソフトバンクのモイネロで22.8%)。このストレートとフォークを、右打者に対しても左打者に対してもアウトローに集める投球が軸となっている。

栗林の球種別成績を見ると、改めて彼の支配力のすさまじさが分かる。先述したように、ストレートとフォークは極めて高い空振り率を記録し、被打率もそれぞれ.111、.037(!)とまさにアンタッチャブル。この2球種に加えてカットボールも被打率.167と優秀で、おまけにカーブも織り交ぜてくるとなると、攻略はほとんど不可能なように思えてくる。

ただ、フォークはその変化の特質上、見逃せばストライクゾーンを外れることが多い。実際、栗林も投球全体の半分以上(57.6%)はボールゾーンへの投球となっていて、17.2投球回で7四球を与えている。フォークをしっかり見極めてボール先行のカウントにしていくことが、基本的な攻略ポイントになりそうだ。

果たして栗林の投球はパ・リーグの名だたる強打者相手にも通用するのか。交流戦を終えても無失点記録が継続していれば、田島慎二(中日)が2016年に達成した開幕からの無失点日本記録(31試合)更新も視界に入ってくる。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

最下位・カープの逆襲はここから?巨人戦3連勝を可能にした岡本封じ

最下位・カープの逆襲はここから?巨人戦3連勝を可能にした岡本封じ

巨人で長年スコアラーとしてセ・リーグを分析してきた三井康浩氏 セ・リーグ最下位を低迷している広島が23日、本拠地・マツダスタジアムで行われた巨人戦に2-1で競り勝ち、首位のチームを相手に今季初の同一カ …

誠也の早期ポスティングにMLB関係者は熱視線「イチロー以降で…」

誠也の早期ポスティングにMLB関係者は熱視線「イチロー以降で…」

残念な知らせが3日、球界に届いた。ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた西川遥輝が、契約交渉期限になっても合意できず日本残留が決定した。 コロナ禍で今オフのストーブリーグが大厳冬という状況も …

田中の復活が最大の『補強』、主砲・鈴木誠也に次ぐ大砲は現れるか?

田中の復活が最大の『補強』、主砲・鈴木誠也に次ぐ大砲は現れるか?

どんなチームも未知数の要素を抱えてシーズンを迎えるもの。2020年の広島の成否を左右するであろう3つの要素を分析してみよう。 ●1 田中広輔は復活できるか 昨年、右ヒザの故障で極度の不振に陥った田中の …