カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

9回1死満塁も…2球であっけなく敗戦、好機生かせず『鯉党』は落胆

2021年5月19日

9回1死満塁も…2球であっけなく敗戦、好機生かせず『鯉党』は落胆

プロ野球の広島は2021年5月18日、東京ドームで巨人と対戦し2-7で逆転負けした。

広島は5回に2点を先制するも、その裏に先発・大瀬良大地(29)が2本のタイムリーで3失点。7回には2番手コルニエル(25)が2死から連続本塁打を浴び3点を失った。打線は9回に1死満塁のチャンスを作ったが、1番・田中広輔(31)、代打・堂林翔太(29)がそれぞれ初球を打ち上げて試合終了となった。

コロナ禍で8選手が登録抹消

5点ビハインドの9回、広島に大きなチャンスが訪れた。

この日1軍に昇格したばかりの巨人5番手ビエイラ(28)が乱れ、広島は追加点の絶好の機会を得た。先頭・クロン(28)が2塁打で出塁し1死後、宇草孔基(24)、長野久義(34)が連続四球で満塁とした。ここで巨人ベンチが動き、戸根千明(28)を6番手としてマウンドに送り込んだ。

5点差とはいえ、大ピンチでマウンドを任された戸根。打席のベテランに大きな期待がかかったが、田中は初球を叩いてセンターフライに打ち取られ3塁走者は動けず。続いて打席に入った代打・堂林も戸根の初球をライトに打ち上げゲームセット。最終9回に迎えた追加点の好機は、わずか「2球」であっけなく幕を閉じた。

この日は主力を欠く厳しい戦いだった。チームの主力選手である菊池涼介(31)、小園海斗(20)、正隨優弥(25)の3選手が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、出場選手登録を抹消。検査で陰性だった5選手も球団の判断で登録を抹消し、計8選手が入れ替わる緊急事態に直面していた。

5位中日には0.5ゲーム差に迫られる

チームが苦境に立たされる中で、「7番・サード」でスタメン出場した林晃汰(20)が奮闘した。5回1死1、3塁の場面でレフト前にタイムリーを放ち、先頭でまわってきた7回にはセンター前にはじき返し2本目のヒットを記録。この日は3打数2安打1打点と、20歳の若武者がしっかりと爪痕を残した。

それでもチームは敗れ、これで借金「5」。3位ヤクルトとのゲーム差は4.5ゲーム、5位中日には0.5ゲーム差で迫られている。

苦しいチーム事情のなか最終9回は意地を見せて欲しかったという鯉党の声もみられ、インターネット上では「こんな時だからこそ最後まで諦めない気持ちが必要なんだ」と指摘する声の一方で、「初球からポンポンと凡フライ」と好機の初球打ちに落胆する声も上がった。

(※引用元 J-CAST

関連記事

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

ポストシーズン進出を狙う広島が延長11回、最下位の中日にサヨナラ負けを喫した。本紙評論家の川又米利さんは野球における1球の怖さを改めて指摘した。 「勝利は目前。広島にとってはホームランだけ避ければ、と …

「わしらが応援せんとダメか…」ポルノ・新藤が綴る『ファンの親心』

「わしらが応援せんとダメか…」ポルノ・新藤が綴る『ファンの親心』

今年のカープはどう語ればいいんですかね? 今の季節と同じでジメジメしてますからね。大谷翔平のこととか書きたいですよね。 さて。オリンピックの日本代表にカープから5人選ばれました。この5人を見ても鈴木、 …

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

広島が痛い星を落とした。広島は17日の巨人戦(宇都宮)に2―3のサヨナラ負け。先発の遠藤が好投していたが、リリーフ陣が誤算だった。 プロ5年目の遠藤はテンポ良く投げ、4回に吉川に安打が飛び出すまでノー …