カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

イライラ募るファン「監督の勝負勘なさすぎ」…打率1位も得点ビリ2

2021年6月25日

イライラ募るファン「監督の勝負勘なさすぎ」…打率1位も得点ビリ2

プロ野球の広島は2021年6月24日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し1-4で敗れた。

広島は先発・高橋昂也(22)が6回3失点と試合を作ったが、打線が援護出来なかった。打線はヤクルト先発・高橋奎二(24)を攻略できず、得点は6回の1点にとどまった。チームはこれで4連敗となり、借金は今季最多の「15」にまで膨らんだ。

若鯉でクリーンナップ組むも…

打線は5回まで沈黙が続いた。この日唯一の見せ場となったのは3点ビハインドで迎えた6回だ。1死から菊池涼介(31)、長野久義(36)、小園海斗(21)の3連続安打で全ての塁を埋めた。このビッグチャンスに若き4番・林晃汰(20)は1塁ゴロ。併殺崩れの間に1点を獲得するも、続く坂倉将吾(23)がセンターフライに倒れた。

この日もクリーンナップには若鯉が顔を揃えた。主砲・鈴木誠也(26)が新型コロナウイルスのワクチン接種による副反応で戦線離脱したことで、ヤクルト3連戦では3番・小園、4番・林晃汰(20)、5番・坂倉将吾(23)で打順を組んだ。佐々岡真司監督(53)は若き力に期待を寄せたが、チームの勝利に結びつかなかった。

チーム状況は低迷するも、打線が湿っているわけではない。チーム打率.258はリーグトップで、12球団の中でもトップの数字だ。その一方で得点はリーグ5位の225点。ペナントレースの首位を走る阪神の293点(リーグトップ)と60点以上の開きがある。リーグ5位の本塁打数も影響しているが、チーム打率と得点数のかい離に鯉党からは不満の声が上がっている。

鯉党「ほんと打線がつながらない」

ツイッターではチームの得点力不足の要因が指揮官の采配にあるとして、佐々岡監督への不満の声が上がっている。「ほんと打線がつながらない」「ベンチの作戦どうなってる」「やっぱり采配に問題あり」「監督の勝負勘なさすぎ」などの声が上がり、鯉党のイライラが募っている。

チームの状態が上がらないなか、守備の要である捕手の曾澤翼(33)が15日の西武戦で左足を痛め出場登録を抹消。長期離脱の可能性もある。4連敗で借金は「15」まで膨らみ、DeNAと最下位を争う状況が続いている。カープは浮上のきっかけをつかめるか。25日からホームで中日を迎えての3連戦に臨む。

(※引用元 J-CAST

関連記事

精神的支柱、新井が後輩にエール「キクの目が、チームを成長させる」

精神的支柱、新井が後輩にエール「キクの目が、チームを成長させる」

セ・リーグ3連覇を果たした広島の精神的支柱で、今季限りでの現役引退を表明した新井貴浩内野手(41)が夕刊フジの直撃に応じ、来季以降チームを支えていく後輩たちについて語った。 今季の新井は62試合出場( …

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

イケメンで、粋…広島カープ・長野に期待したい『逆襲のシナリオ』!

原巨人のFA戦略が巷を騒がせている。広島から丸佳浩、西武から炭谷銀仁朗を獲得したが、人的補償で長野久義、内海哲也という“生え抜きスター”を失った。ともにドラフトで他球団の指名を蹴り“ジャイアンツ愛”を …

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

令和のいま、あえて個性豊かな「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫るシリーズ。14人目は、沖縄出身者として初めてプロ野球選手となり、通算119勝、防御率タイトルも獲得するなど …