カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

侍J最多選出もチームは苦戦…広島カープが低迷する「本当の原因」

2021年6月26日

侍J最多選出もチームは苦戦...広島カープが低迷する「本当の原因」

侍ジャパン・稲葉篤紀が発表した東京五輪の内定24選手。球団別で見ると、広島が菊池涼介、鈴木誠也、森下暢仁、栗林良吏と4人が選ばれて12球団最多だった。故障の影響で出場を辞退したが、會澤翼を入れると5人になる。

一方、チームは低迷している。交流戦は3勝12敗3分で最下位。2021年6月25日現在、ペナントレースでも21勝37敗8分けで最下位に沈んでいる。優勝どころかCS進出も厳しい状況だ。

このメンバーでなぜこれほど負けるのか

侍ジャパンに選出されたメンバーを見てみよう。鈴木は不動の4番と目され、菊池も抜群の守備能力で楽天・浅村栄斗、ヤクルト・山田哲人と強打者たちを押しのけ、二塁のレギュラーでスタメン起用される可能性が高い。

本格派右腕のプロ2年目・森下も巨人・菅野智之、中日・大野雄大が本調子でない中、先発の軸として期待される。新人ながら唯一選出された栗林は広島で守護神に抜擢され、球団タイ記録の開幕から21試合連続無失点と圧巻の成績を残している。4選手の選出に異議はないだろう。

これだけの豪華なタレントを擁しながら、先述のようにチーム状況は厳しい。

5月中旬に新型コロナウイルスで陽性判定を受け、濃厚接触者らを含め、主力を含む計14人が「感染拡大防止特例」で登録抹消された不運は配慮しなければいけない。だが、林晃汰、小園海斗、中村奨成、羽月隆太郎、宇草孔基と将来を有望視される若手たちが次々に台頭している。

16年からリーグ3連覇を飾った黄金時代から考えれば、このメンバーでなぜこれほど負けるのか理解できないかもしれない。

球界関係者は低迷の要因を「選手だけの問題ではない」と分析する。

「野球が雑になったように感じます。凡ミスが多いし、勝負所で簡単に失点する。コーチ陣を見ても生え抜きばかりで雰囲気が緩く感じてしまう。選手に嫌われてもいいからガツンと言ったり、職人気質の指導に長けた人材が不足している。
広島は昔から球団OBをコーチにする体質ですが、今求められるのは外部の血だと思います。元中日の落合博満さんのような名監督にチームを託したらガラッと変わるし、優勝争いもできると思う。それだけの戦力を擁していますから」

佐々岡真司監督は就任1年目の昨季52勝56敗12分けと5年ぶりの負け越しで、5位に終わった。今年も苦しい戦いが続いている。広島ファンの風当たりも強くなる中で、意地を見せられるだろうか。

(※引用元 J-CAST

関連記事

栗林が大野氏の記録に並ぶ「このまま抜いて、はるか遠くまでいって」

栗林が大野氏の記録に並ぶ「このまま抜いて、はるか遠くまでいって」

広島のドラフト1位・栗林良吏投手(25)が、10日の巨人戦に登板し、セーブを記録。これで14試合連続セーブへと伸ばし、91年大野豊氏(66)の持つ球団記録に並んだ。大野氏は栗林を祝福しつつ「このまま抜 …

カープ投手陣好調の『要因』は?佐々岡投手コーチがもたらした好循環

カープ投手陣好調の『要因』は?佐々岡投手コーチがもたらした好循環

大補強もなければ、改革と言い切れるほどの斬新な一手も見当たらない。それでも、広島の投手陣は生まれ変わった。 昨季、リーグ3位だったチーム防御率4・12は、今季同3・13と両リーグ断トツだ。昨季からの変 …

田中ならやれる!山本浩二氏、野村謙二郎氏もトリプルスリーに太鼓判

田中ならやれる!山本浩二氏、野村謙二郎氏もトリプルスリーに太鼓判

今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。 東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎 …