カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村奨成が2軍落ち、ドラ1は7年前…はい上がるために必要なことは

2024年4月10日

中村奨成が2軍落ち、ドラ1は7年前…はい上がるために必要なことは

広島・中村奨成が2024年4月8日にファーム降格した。今シーズン(2024年シーズン)は開幕2戦目の3月31日に一軍昇格を果たしていた。

迎えた4月4日のヤクルト戦(マツダ)には「6番・右翼」でスタメン起用されたが、3打数無安打に終わる。代打で起用された6日の中日戦(同)でも捕ゴロと結果を残せず。7日の中日戦(同)は代走で出場して翌日に登録抹消となった。

打力を生かして外野手登録に 「背番号96」で再スタート

ドラフト1位で入団し、将来の正捕手として期待されたのが7年前。

月日は流れ、背水の陣を迎えている。

今シーズンは打力を生かして外野手登録となり、「背番号22」をドラフト2位の高太一に譲り、「背番号96」で再スタートを切ることとなった。

ファームでは好成績を残すが、1軍になかなか定着できない。

目下、昨シーズン(2023年シーズン)オフに西川龍馬がオリックスへFA移籍し、和製大砲の末包昇大が「左膝内側半月板損傷」で戦線離脱中だ。

2024年は春先から外野のレギュラーをつかむチャンスだったが、道は険しい。

若手成長株が台頭 「ファームで爆発的に打たないと…」

「打力でアピールしたいところだが、際立った違いを見せられていない。若手成長株の田村俊介、俊足と攻守が武器の久保修と外野陣は若手が台頭してきている。24歳という年齢を考えると、我慢してチャンスを与えられる時期はすぎている。ファームで爆発的に打たないと、1軍からお呼びの声が掛からないでしょう。奮起を期待したいですね」(スポーツ紙記者)

今シーズンから加入したレイノルズ、シャイナーと両助っ人外国人が、故障で開幕早々に戦列を離れた。

そうした影響もあってか、5日からの中日戦は14年ぶりの同一カード3試合連続完封負け。貧打が懸念される中で、強打者が1人でも多く台頭してほしいのが首脳陣の願いだろう。中村奨成は再びはい上がってくるか。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

サムライの4番に、海の向こうから熱い視線が注がれている。 米スポーツメディア『ESPN』のジェフ・パッサン記者は、MLBのシーズンオフが近づく時期に合わせて「今オフのフリーエージェントの注目選手」を選 …

巨人以外で、3連覇達成はカープだけ…佐々岡監督は覇権奪回なるか!

巨人以外で、3連覇達成はカープだけ…佐々岡監督は覇権奪回なるか!

プロ野球の連覇の記録 広島は2016年から18年まで、リーグ3連覇を果たしたが、1950年に2リーグ制となって以来、セ・リーグで連覇を果たしたケースは10度ある。しかし巨人以外で3連覇を達成したのは広 …

あの日の涙は、かわいたのか?野球選手としては優しすぎる『大瀬良』

あの日の涙は、かわいたのか?野球選手としては優しすぎる『大瀬良』

優しいと言われてしまう選手 大瀬良大地は笑顔と泣き顔の選手だ。真反対の表情が同じ重さで存在する。 ドラフトで1位指名をされた時の笑顔。そのあとドラフト特番でインタビューを受ける笑顔。お立ち台での笑顔。 …