カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

2022年2月10日

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

広島東洋カープ・鈴木誠也外野手は、本当に大丈夫か?新・労使協定を巡るメジャーリーグ機構と同選手会の話し合いは“第2章”に突入した。

両者が合意できないため、メジャーリーグ30球団が全ての業務を停止するロックアウト状態にある。選手会が折れて“歩み寄る姿勢”も見せてきたが、いまだ進展ナシ。この行き詰まった状況を解決するため、オーナー側は連邦調停局に仲裁の要請をした。

「連邦調停局が仲裁に乗り出すには、選手会もそれに合意しなければなりません。選手会はその件について返事を保留したままです」(米国人ライター/現地時間2月8日)

連邦調停局なる“第三者”が介入してきた前例もあるそうだ。ストライキ期間が232日間にも及んだ1994年だ。

前出の米国人ライターがこう続ける。

「スプリングトレーニング(春季キャンプ)はもちろん、ペナントレースの日程も変更しなければならないかも」

こうした解決の糸口が見つからない状況を受けて、こんな懸念も聞かれるようになった。「開幕戦を予定通りに行おうとしたら、鈴木との交渉にだけ時間を掛けるわけにはいきません。鈴木側はまだ聞きたいことがたくさんあるようだが、もう時間がない」と――。

鈴木は優勝争いのできるチーム、また、試合出場をある程度保証してくれること、生活環境などを条件に挙げていた。

しかし、所属球団が決まっていない選手は鈴木だけではない。他選手との交渉によって、鈴木に提示できる条件もビミョ~に変わってくる。

「年明け前、鈴木は条件交渉で折れない旨を口にしていました。新・労使協定の影響で交渉の遅延は分かっていました。でも、『ここまでヒドイとは?』というのが、鈴木サイドのホンネでは」(広島メディア)

求めている条件が全て通らない可能性の方が高いだけに、米球界挑戦の目的を優先するならば、妥協しなければならないことも出てきそうだ。

「メジャーリーグでは複数のポジションを守れる選手が好まれます。鈴木に熱いラブコールを送り続けてきたレッドソックスでさえ、『三塁が守れるのかどうか、見ておく』と言っています。契約後のメディカルチェックもありますし、契約してすぐにチーム合流とはならないでしょう」(前出・米国人ライター)

新・労使協定の話し合いの遅延は、鈴木の契約交渉だけではなく、メジャーデビューも遅らせているわけだ。

「鈴木は一人で練習を続けています。実戦での打撃練習ができないのが気掛かりです」(プロ野球解説者)

高額年俸での契約は必至。当然、米国ファンも厳しい目を向けてくるだろう。鈴木は新・労使協定の話し合いがどう進んでいくのか、見直す必要も出てきた。「第2の菅野」なんてことにならなければいいのだが…。(飯山満)

(※引用元 リアルライブ

関連記事

中村奨成、誠也から激辛エールに発奮「さすがに危機感を感じている」

中村奨成、誠也から激辛エールに発奮「さすがに危機感を感じている」

広島・中村奨成捕手(20)は18日、鈴木誠也外野手(25)からの激辛エールを受けて、「絶対1軍」の誓いを新たにした。鈴木誠は若手野手の底上げに期待しており、高卒3年目での初昇格へ長打力アップを決意。廿 …

背番号9がマツダスタジアム降臨!本拠地デビュー秋山、9連戦に弾み

背番号9がマツダスタジアム降臨!本拠地デビュー秋山、9連戦に弾み

背番号9がマツダスタジアムに降臨-。広島秋山翔吾外野手(34)が12日のDeNA戦で本拠地デビューする。6月30日に入団会見を行い、2軍戦4試合出場をへて、8日中日戦(バンテリンドーム)で移籍後初出場 …

九里亜蓮「フォーム全部変わってもいい」!下手投げへ変更もいとわず

九里亜蓮「フォーム全部変わってもいい」!下手投げへ変更もいとわず

広島九里亜蓮投手(31)が28日、米国自主トレのため広島を出発した。1月下旬までの約1カ月間、エンゼルス大谷らが活用するトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」で自主トレを行う。 動作解析など …