カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

2022年2月10日

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

広島東洋カープ・鈴木誠也外野手は、本当に大丈夫か?新・労使協定を巡るメジャーリーグ機構と同選手会の話し合いは“第2章”に突入した。

両者が合意できないため、メジャーリーグ30球団が全ての業務を停止するロックアウト状態にある。選手会が折れて“歩み寄る姿勢”も見せてきたが、いまだ進展ナシ。この行き詰まった状況を解決するため、オーナー側は連邦調停局に仲裁の要請をした。

「連邦調停局が仲裁に乗り出すには、選手会もそれに合意しなければなりません。選手会はその件について返事を保留したままです」(米国人ライター/現地時間2月8日)

連邦調停局なる“第三者”が介入してきた前例もあるそうだ。ストライキ期間が232日間にも及んだ1994年だ。

前出の米国人ライターがこう続ける。

「スプリングトレーニング(春季キャンプ)はもちろん、ペナントレースの日程も変更しなければならないかも」

こうした解決の糸口が見つからない状況を受けて、こんな懸念も聞かれるようになった。「開幕戦を予定通りに行おうとしたら、鈴木との交渉にだけ時間を掛けるわけにはいきません。鈴木側はまだ聞きたいことがたくさんあるようだが、もう時間がない」と――。

鈴木は優勝争いのできるチーム、また、試合出場をある程度保証してくれること、生活環境などを条件に挙げていた。

しかし、所属球団が決まっていない選手は鈴木だけではない。他選手との交渉によって、鈴木に提示できる条件もビミョ~に変わってくる。

「年明け前、鈴木は条件交渉で折れない旨を口にしていました。新・労使協定の影響で交渉の遅延は分かっていました。でも、『ここまでヒドイとは?』というのが、鈴木サイドのホンネでは」(広島メディア)

求めている条件が全て通らない可能性の方が高いだけに、米球界挑戦の目的を優先するならば、妥協しなければならないことも出てきそうだ。

「メジャーリーグでは複数のポジションを守れる選手が好まれます。鈴木に熱いラブコールを送り続けてきたレッドソックスでさえ、『三塁が守れるのかどうか、見ておく』と言っています。契約後のメディカルチェックもありますし、契約してすぐにチーム合流とはならないでしょう」(前出・米国人ライター)

新・労使協定の話し合いの遅延は、鈴木の契約交渉だけではなく、メジャーデビューも遅らせているわけだ。

「鈴木は一人で練習を続けています。実戦での打撃練習ができないのが気掛かりです」(プロ野球解説者)

高額年俸での契約は必至。当然、米国ファンも厳しい目を向けてくるだろう。鈴木は新・労使協定の話し合いがどう進んでいくのか、見直す必要も出てきた。「第2の菅野」なんてことにならなければいいのだが…。(飯山満)

(※引用元 リアルライブ

関連記事

オリックス移籍の西川龍馬は「弱点がない」!パ・リーグで活躍に期待

オリックス移籍の西川龍馬は「弱点がない」!パ・リーグで活躍に期待

リーグ3連覇を飾ったオリックスに、頼もしい選手が加入する。広島からFA移籍が決まった西川龍馬だ。 「修正能力が高く、同じ球が通用しない」 今季は109試合出場でリーグ2位の打率.305、9本塁打、56 …

松山竜平、同ポジションに新助っ人加入で闘志燃やす年男/新年の決意

松山竜平、同ポジションに新助っ人加入で闘志燃やす年男/新年の決意

2021年に36歳となるベテラン松山竜平が、闘志を煮えたぎらせている。新助っ人としてクロンが加入する。19年に3Aでリーグ最多38本塁打を放った195センチ、115キロの右の強打者だ。 映像で打撃力を …

松山竜平は5番打者として復活を遂げられるか/打順別データから見る

松山竜平は5番打者として復活を遂げられるか/打順別データから見る

圧倒的な4番打者成績 まさかの4位に終わった2019年シーズンの広島は打撃面で苦しんだ。チーム得点は721点から591点までダウン。強力打線を復活させるためにはどのような部分がポイントとなるのか、打順 …