カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ3代目オーナーに「交代論」が噴出する…古参ファンのウップン

2023年2月18日

カープ3代目オーナーに「交代論」が噴出する…古参ファンのウップン

広島カープの松田元オーナーが、プロ野球メディアのインタビューに登場。「カープは地域に育ててもらった球団」と地元への熱い思いを改めて語ったが、ファンの反応は冷ややかだ。

松田氏は祖父から続くカープの3代目オーナーで、02年から現職に就いている。過去には「FA選手に手を出さない」「FA権を行使した選手との再契約拒否」を球団方針としたことで、物議を醸したこともあった。

そんな松田氏はインタビューの中で「女子野球振興」や「球場内コミュニティーの活性化」などを掲げてはいるものの、「そろそろ引退してほしい」との声が上がっているのだ。地元関係者が言う。

「カープは戦後の復興時代から、地元に支えられてきた球団。それだけにファンの思い入れは強く、球団の運営方針にも積極的に異議を唱えます。

そんな中、松田氏が衣笠祥雄や高橋慶彦と折り合いが悪かったとされるのは有名な話で、彼らの監督就任を熱望していた古参ファンが不満に思っていたのは事実。

また、FAで川口和久や江藤智、金本知憲ら有力選手が次々と出ていくのを防げなかったことも、トラウマになっています。

16年から18年にかけてリーグ3連覇したことで一時は溜飲が下がったものの、以後4年間は全てBクラスの体たらくとあって、不満の矛先がオーナーに向いてる。オーナー交代を望む声が出るのも無理はありません」

野球人口を増やすための努力もいいが、まずは地元ファンにソッポを向かれない球団作りを。(ケン高田)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

奇策ににじむ緒方監督の迷い…深刻な「タイムリー欠乏症」に手詰まり

奇策ににじむ緒方監督の迷い…深刻な「タイムリー欠乏症」に手詰まり

広島のリーグ4連覇に黄色信号が灯った。 広島は2019年7月4日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し、2-7で敗れた。先発クリス・ジョンソン投手(34)が3回に突如乱れて5失点。打線は8安打を放ちなが …

スマホの『スポナビ野球速報』で、カープの試合を追うのが好きな理由

スマホの『スポナビ野球速報』で、カープの試合を追うのが好きな理由

今年もプロ野球が始まった。我らが広島東洋カープは故障で戦線離脱中の選手もおり、まだ本調子とは言えないかもしれないが、ポジティブな材料も多い。菊池涼介選手は開幕から打ちまくっているし、森下暢仁選手は2年 …

広島に残した財産…巨人復帰の長野久義、記者も絶賛する「人柄」とは

広島に残した財産…巨人復帰の長野久義、記者も絶賛する「人柄」とは

広島の長野久義が巨人に無償トレードで移籍することが2022年11月2日、両球団から発表された。長野は18年オフ、巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償で広島へ。巨人には4年ぶりの復帰となる。 「本当に気遣 …