カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

末包昇大「あの長打力は魅力」100キロの巨漢が一塁守備にも挑戦中

2022年3月10日

末包昇大「あの長打力は魅力」100キロの巨漢が一塁守備にも挑戦中

体重110キロの巨漢ルーキー・末包昇大がレギュラー確保へ、突っ走っている。大きな体から放つ打球は力強く、とにかく飛ぶ。春季キャンプでロングティーをした際は本塁付近から日南・天福球場のバックスクリーンにぶち当てたこともあった。

キャンプでは紅白戦も含め、実戦8試合すべてで四番起用。佐々岡監督も「あの長打力は魅力」と語るほど、期待の大きさが見てとれる。

2月26日の巨人とのオープン戦(那覇)では左翼に特大2ランを放った。左翼フェンスを優に越え、防球ネット最上部に突き刺さる驚がくの一打。「打った瞬間に入ったと思った。すこしホッとした」。推定飛距離130メートルの放物線で本領を発揮。

さらにチームオープン戦1号、12球団新人1号のおまけ付きだ。

登録は外野手だが、一塁守備も練習中。プロ入り前に「ファーストミットも作っておいて」と球団から言われ、新調した。新外国人のマクブルームや坂倉が開幕一軍に間に合うかどうか不透明とあって、末包に正一塁手獲得のチャンスが巡ってきた。

「ファーストは高校(高松商高)1年生の1年間だけ。2年からはサードをやっていました」。およそ10年ぶりの一塁本格調整。レギュラー獲得へ、慣れない守備にも不平不満は漏らさない。

「シーズンに入るまで、とにかく練習して何とか形にしたい。今は言い方は悪いが、失敗してもいい時期だと思う」。

開幕戦は3月25日のDeNA戦。横浜スタジアムのスコアボードに『末包』の文字は並ぶのか。オープン戦でも猛アピールを続け、レギュラーの座を手中に収める。(写真=佐藤真一)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

河田ヘッドが若手を語る「栗林はレベルが違う、小園は鍛錬が必要…」

河田ヘッドが若手を語る「栗林はレベルが違う、小園は鍛錬が必要…」

今シーズン、ヘッドコーチとして4年ぶりに広島カープへの復帰を果たした河田雄祐氏。2016、17年は一軍外野守備・走塁コーチとしてカープの連覇に貢献し、2018年から昨年まではヤクルトでコーチを務めた。 …

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

7月4日の対スワローズ戦、初回からカープ自慢のタナキクマルが躍動した。まず1番・田中広輔が東京ヤクルトの先発・ブキャナン投手の初球を叩いてレフトスタンドに打ち込む先頭打者本塁打。2番の菊池涼介が左中間 …

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

まず、菊池選手が今季オフに大リーグ挑戦したいと表明した件。これは俺が持ってるラジオ番組『がんばれカープ大放送』でも話したので聞いた人は「またかよ」だし、そのときに「見当違いの適当なこと言いやがって」と …