カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球「波乱幕開け」座談会、カープ好調の理由は佐々岡監督の怒り

2022年4月30日

プロ野球「波乱幕開け」座談会、カープ好調の理由は佐々岡監督の怒り

B 主砲の鈴木誠也(27)が抜けた広島の調子も思いのほかいいですね。

D 原動力は佐々岡真司監督(54)の怒りですよ。シーズン前の順位予想で「最下位」の声が多かったですよね。広島OBからもひどくコキ下ろされてしまった。それに激怒したんです。

E そんな感情を表に出すタイプだったっけ?

D ええ、珍しいことです。オープン戦の終盤、ミーティングの席で「評論家たちを見返そうぜ!」って決起したそうです。この言葉に長野久義(37)が「絶対やるぞ!」と被せたことで、高校球児並みの結束を固める形になったといいます。

C 佐々岡監督が「最下位予想したOBを出禁にする」と言い出して、球団側が諫めたという話も聞いた。先輩OBを呼び捨てにして激高したって。きっかけはブチ切れだったけど、広島が快進撃を続ける要因かもしれないな。

D チームが好調だからか、逆にショートの小園海斗(21)の低迷ぶりが目立ちます。

A 一番の原因は河田雄祐ヘッド兼外野守備走塁コーチ(54)にあるようだ。どうも、打撃コーチと真逆の指導をしているって。他のコーチがレベルスイングの指導をしたら、河田コーチがダウンスイングに矯正しようとするとか。

C 若い選手はうまく流すことができないからな。変な迷いに繋がってしまう。

B 迷いといえば、阪神の矢野燿大監督(53)に尽きるでしょう。お笑いセラピストやメンタルトレーナー、果ては宗派の異なる文字職人まで登場してくる始末。スピリチュアル傾倒が目に余りすぎて‥‥。

A まぁ、神様にすがりたくなる気持ちもわからんではない。首脳陣は矢野監督に迎合するだけのイエスマンばかりだからな。腹心の井上一樹ヘッドコーチ(50)ですら、矢野監督同様に威勢よく選手を鼓舞するだけで、チームを浮上させる善後策を練るタイプではない。

G(在阪ベテラン記者) 当然ながら、選手は1歩どころか5歩6歩ドン引きしてますわ。キャンプ終盤に、願望や目標を先取りして模擬実演する“予祝”の一環で、選手が矢野監督を胴上げしたシーンは最たるもの。発起人の西勇輝(31)らに茶化されただけやった。それでも、自らを“学校の先生”とイメージする指揮官としては涙のサプライズだったやろうな‥‥。

A まるで裸の王様(笑)。球団は一連のスピリチュアル信仰を黙認しているのか?

G ええ、日本国憲法に信仰の自由があるだけに、ヘタに口出しできんのでしょう。球団のイメージを著しく損なうような展開になれば別やろうけどね。

D 暗黒時代さながらの弱小ぶりにもかかわらず、本拠地・甲子園は連日平均3万人以上のファンが集まる大入りなんですよね。さすが虎党はチームを見捨てない。ファンの鑑ですね。

G ちゃいますよ(笑)。あくまで前半戦の客入りは昨季までの貯金のおかげ。ゲーム差0の勝率わずか5厘差でリーグ優勝を逃したチームへの期待の表れっちゅうことよ。このままやと5月中旬からチケットが発売になる後半戦は、閑古鳥が鳴くことになるかもな。

A せっかくの神頼みが、貧乏神にとりつかれちゃ世話ないな。選手はオフの大幅減俸も覚悟しなきゃならないか。でも、まだ始まったばかりなのになぁ‥‥。

<座談会メンバー>

A:スポーツ紙デスク/B:パ・リーグ関係者/C:球界OB/D:遊軍記者/E:球界関係者/F:巨人番記者/G:在阪ベテラン記者

(※引用元 Asagei plus

関連記事

10年前の奇跡/谷の『木村拓也魂』弾、高橋建によぎった「引退」

10年前の奇跡――谷の『木村拓也魂』弾、高橋建によぎった「引退」

ちょうど10年前の2010年4月24日。巨人―広島戦(東京ドーム)で奇跡の場面に遭遇した。同7日に37歳で急逝した巨人・木村拓也内野守備走塁コーチの追悼試合。両軍選手が喪章を着けて天国に思いをはせなが …

エルドレッド、引退スピーチで読めなかった言葉/伝えたかった思い…

エルドレッド、引退スピーチで読めなかった言葉/伝えたかった思い…

最大6・5ゲーム差を阪神に逆転され、広島はクライマックスシリーズ(CS)進出を最後の最後に逃した。ファンには残念な結末で今季を終えたが、その少し前となる9月15日、赤ヘル一筋7年、外国人選手として球団 …

捕手と内野の掛け持ち「厳しい」、経験者が語る坂倉の凄さと心配な点

捕手と内野の掛け持ち「厳しい」、経験者が語る坂倉の凄さと心配な点

飯田哲也氏も絶賛する打撃「天才タイプです」 開幕前には最下位を予想する評論家も多かった広島が、巨人と1ゲーム差で首位に立っている。とりわけ、捕手と三塁を掛け持ちしながら高打率をマークしている坂倉将吾捕 …