カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

2022年5月18日

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

広島が痛い星を落とした。広島は17日の巨人戦(宇都宮)に2―3のサヨナラ負け。先発の遠藤が好投していたが、リリーフ陣が誤算だった。

プロ5年目の遠藤はテンポ良く投げ、4回に吉川に安打が飛び出すまでノーヒットピッチング。その後も巨人打線を封じ込め、8回まで3安打無失点に抑えていた。この好投を受け、ベンチも続投を決断。9回表には一死満塁の好機で遠藤に打席がまわってきたが、そのまま打たせ併殺打に倒れていた。

そして迎えた9回裏。そこまでの安定したピッチングと一転、球が高めに浮き始めた。先頭のウォーカー、吉川と二者連続安打を許し、無死一、二塁のピンチを迎えても制球が定まらない。相手4番の岡本和に四球を与え、無死満塁となったところで無念の降板となった。後を継いだターリーも巨人打線の勢いを止められず、最後は中島に悪夢のサヨナラ打を浴びた。

試合後の遠藤は「どの球も低めに集めることはできていたと思う。最後にああいった形になってしまったので、また次の登板に向けて反省したい」と敗戦の責任を負ったが、一方でこの日の試合では首脳陣のタクトにも疑問の目が向けられた。

この日は絶対守護神の栗林がコンディション不良で試合前から登板できないことが決まっていたという。

「栗林が後ろに控えているならまだしも、経験の少ない遠藤に2点差で9回を任せるのはリスクが高かったのではないか。9回の遠藤の打順で代打を出して追加点を奪い、リリーフにつなぐ形もあった」(球界関係者)

試合が行われた宇都宮の地方球場のブルペンは外とあって、栗林が登板準備をしていないことは相手ベンチにも丸わかりだった。現在広島が8回以降のリリーバーに不安を抱えていることも折り込み済み。9回の巨人の猛攻は手薄なリリーフ陣を見越して、必然だったともいえる。

敗れた佐々岡監督は「今日は栗林に投げられない理由があり、遠藤があれだけの投球を見せていたので9回も任せた」と説明したが、後味の悪い敗戦となった。絶対守護神の栗林も離脱となればチームに与える影響も大きいが「今いるメンバーでやるしかない」と前を見据えていた。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

昨季は6組の兄弟選手がいたが、今季は激減 7月6日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、巨人の田中俊太内野手は「2番・二塁」で先発出場し、3打数無安打に終わった。その4歳上の兄で広島の田中広輔は「1番・遊撃 …

栗林、驚異の奪三振率13・93を支える必殺フォーク!/伝家の宝刀

栗林、驚異の奪三振率13・93を支える必殺フォーク!/伝家の宝刀

スーパールーキーが「伝家の宝刀」を引っ提げ、数々の記録を打ち立てた。開幕から22試合連続無失点は、2リーグ制後の新人記録で、球団記録となった。永川現コーチが持つ球団新人最多セーブ「25」を大幅に更新し …

赤ヘルの若大将・小早川毅彦、戦力外から逆襲の3連弾!/不屈の物語

赤ヘルの若大将・小早川毅彦、戦力外から逆襲の3連弾!/不屈の物語

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 13年目の戦力外 いわゆる“ストーブリーグ”の季節は過 …