カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セ・リーグ月間打率1位と2位タイの対決!マクブルームvs宮﨑敏郎

2022年7月12日

セ・リーグ月間打率1位と2位タイの対決!マクブルームvs宮﨑敏郎

マツダスタジアムでは、3位広島カープと4位横浜DeNAベイスターズの3連戦が行われる。両チームのゲーム差0.5という状況の中で、7月絶好調スタートを切った2人の打者の対決に注目したい。

絶好調の両打者

広島で絶好調なのは、4番に座る新外国人のライアン・マクブルームだ。

今季ここまで80試合出場で打率.282、11本塁打、48打点という働きを見せているが、7月はさらに存在感を高め、8試合で打率.414(29打数12安打)、4本塁打、12打点で、出塁率.452、OPSは1.348という暴れっぷり。チーム自体は7月4勝4敗だが、マクブルームが本塁打を放った4試合は4戦全勝だ。

一方、DeNAで好調なのは、5番の宮﨑敏郎。

今季ここまで60試合に出場して打率.326、5本塁打、22打点。開幕から好調をキープしていた中で6月は月間打率.265とやや調子を落としたが、7月は8試合で打率.452(31打数14安打)、0本塁打、3打点とV字回復。全試合でヒットを放ち、出塁率.471でOPSは1.051。

9日の巨人戦では横っ飛びでのスーパーキャッチを披露するなど三塁守備でもファンを魅了し、7月を4勝2分2敗と白星先行のチームに貢献している。

首位・ヤクルトが独走する傍ら、熾烈を極めつつあるAクラス争い。現在、セ・リーグの月間打率2位タイ(.414)と1位(.452)、「マクブルームvs.宮﨑」のどちらのバットが快音を響かせるのか。好調な両打者の直接対決に注目だ。

(※引用元 SPREAD

関連記事

佐々岡監督に選手たちの嘆き…「いい人どまりで、監督向きじゃない」

佐々岡監督に選手たちの嘆き…「いい人どまりで、監督向きじゃない」

開幕から連敗を繰り返し、2ケタ借金でセ・リーグ5位に沈む広島カープ。「侍ジャパン」に4人も選出され、チーム打率も一時はリーグトップを走るなど、個々の選手能力は高いはずなのになぜ勝てないのか。 「佐々岡 …

田中が定めた1番打者の方向性「出塁率と得点を追い求めていく!」

田中が定めた1番打者の方向性「出塁率と得点を追い求めていく!」

リーグ連覇を果たしたチームで、2年連続フルイニング出場を達成。田中広輔は赤ヘル打線の斬り込み隊長として猛攻の起爆剤となった。進化を続けるトップバッターが、自身初の個人タイトル獲得の喜びを語る。 最多盗 …

不調のカープにこれから起きること、「戦犯」探しで負のスパイラル…

不調のカープにこれから起きること、「戦犯」探しで負のスパイラル…

広島の「迷走」が止まらない。広島は2019年4月14日、横浜スタジアムでDeNAと対戦し、2-4で敗れた。2回に主砲・鈴木誠也外野手(24)の6号ソロで先制するも、6回までDeNA先発・井納翔一投手( …