カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

2018年4月2日

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

目標としていた開幕一軍入りはならなかった。広島の将来を担う正捕手候補として、日に日に評価を増している坂倉将吾。

強肩、強打に加えて俊足も兼ね備えた攻守走そろった捕手は、高卒2年目ながらキャンプ、オープン戦と一軍帯同。侍ジャパンの稲葉篤紀監督からも絶賛されるなど期待を集めたが、オープン戦では打率.182に終わり、3月29日に発表された開幕ロースターには選ばれなかった。

それでもただ者ではないと思わされたのはオープン戦中盤、打席について話を聞いた際、「芯に当てようと思えば当てられる」と、当然のように話したときだった。

「当てられるんですけど、『それじゃあ先がない』ということはコーチとも話しています。当てにいくのではなく、今は振って、合わせていく。内容を含めて、結果よりもどういうふうに打席に立てたかというところを意識しています」

目先の1本のヒットよりも、将来につながるスイングを。自らの打撃に自信があるからこその言葉であり、今の自分に必要なことを冷静に自覚しているからこそ、地に足をつけて試合に臨めているのだろう。

「二軍で試合に出られればいいという考えではダメ。それだったら、一軍で出られるようにどんどんレベルアップしていかないといけない。ゆっくりしていられる立場ではない、ということは常に思っています」

まだ2年目だから、という甘えはない。一人のプロ野球選手として、1日も早い昇格を目指している。(文=吉見淳司、写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

スポーツ紙が報じない「ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由

スポーツ紙が報じない「ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由

FA戦線が例年以上にアツい──。日本シリーズが終了し、ストーブリーグに突入したプロ野球。西武の浅村栄斗、オリックスの西勇輝らがFA宣言しているが、広島の「丸佳浩(まる よしひろ)」も目玉の1人である。 …

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

熾烈な競争を繰り広げる捕手陣、ドラ1中村も「割って入るにはよほど頑張らないと」 強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。 …

大瀬良『神対応』への叱責、勝負の世界で「メシを食っていく」こと

大瀬良『神対応』への叱責、勝負の世界で「メシを食っていく」こと

広島大瀬良大地投手が5月度のセ・リーグ投手部門で「日本生命月間MVP賞」を初受賞しました。5月は2完投を含む4戦4勝、防御率2・03の好成績。首位広島を支える立派な成績です。 その報を受けて、思い出す …