カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

2018年4月2日

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

目標としていた開幕一軍入りはならなかった。広島の将来を担う正捕手候補として、日に日に評価を増している坂倉将吾。

強肩、強打に加えて俊足も兼ね備えた攻守走そろった捕手は、高卒2年目ながらキャンプ、オープン戦と一軍帯同。侍ジャパンの稲葉篤紀監督からも絶賛されるなど期待を集めたが、オープン戦では打率.182に終わり、3月29日に発表された開幕ロースターには選ばれなかった。

それでもただ者ではないと思わされたのはオープン戦中盤、打席について話を聞いた際、「芯に当てようと思えば当てられる」と、当然のように話したときだった。

「当てられるんですけど、『それじゃあ先がない』ということはコーチとも話しています。当てにいくのではなく、今は振って、合わせていく。内容を含めて、結果よりもどういうふうに打席に立てたかというところを意識しています」

目先の1本のヒットよりも、将来につながるスイングを。自らの打撃に自信があるからこその言葉であり、今の自分に必要なことを冷静に自覚しているからこそ、地に足をつけて試合に臨めているのだろう。

「二軍で試合に出られればいいという考えではダメ。それだったら、一軍で出られるようにどんどんレベルアップしていかないといけない。ゆっくりしていられる立場ではない、ということは常に思っています」

まだ2年目だから、という甘えはない。一人のプロ野球選手として、1日も早い昇格を目指している。(文=吉見淳司、写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カープは引き留められるか?!今季FA取得の『丸佳浩』を巨人が狙う

カープは引き留められるか?!今季FA取得の『丸佳浩』を巨人が狙う

日本プロ野球選手会は昨15日、選手会に加入する735人(外国人を除く)の今季の平均年俸を発表した。昨季リーグ連覇を果たした広島はもう「ケチ」とは言わせない。昨年から765万円アップで11位から6位に上 …

金属のような打球音!『孤高の天才』、前田智徳の芸術的なティー打撃

金属のような打球音!『孤高の天才』、前田智徳の芸術的なティー打撃

「アーノルド・パーマーみたいだな」 丸佳浩(30=現巨人)に、そう言ったことがある。なんのことかというと、スイングをした後に右手でバットを上げるしぐさが、往年の名ゴルフプレーヤーに似ていたからだ。20 …

田中×新井氏が対談、V奪回カギは「どれだけ自分を犠牲にできるか」

田中×新井氏が対談、V奪回カギは「どれだけ自分を犠牲にできるか」

広島の田中広輔内野手(30)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。田中広は今季から選手会長を務める。ナインはチームを「家族」と表現してきた。V奪回を目 …