カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「打者石コロ」と言って大杉勝男に殴られた達川光男【怒れる男たち】

2018年4月9日

「打者石コロ」と言って大杉勝男に殴られた達川光男【怒れる男たち】

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

足が遅い選手に対して……

かつての広島では、足が遅い相手選手を“石コロ”と言っていた。「バッター、石コロだから歩かせても(どうせ走らないから)怖くない」といった具合だ。

あるときも広島の捕手・達川光男は、投手の津田恒美に「バッター、石コロよ」と声をかけた。“ここは歩かせよう”という意味だ。しかし、打席の大男がこれで血相を変えた。

ヤクルトの大杉勝男である。ドスの利いた声で「お前、人間に向かって石コロとはなんだ」と言われ、達川は心底、震え上がったという。

この打席は、そのまま歩かせたが、次の打席では勝負し、ホームランを打たれてしまう。大杉はホームにかえってきたところで、達川の頭を殴るような仕草。これがテレビで流され、有名になった。

「世の中には怒らせちゃいかん人がおると分かった」達川はその後、シミジミ反省した。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。 だからこそ巨人・高橋由伸監督は思い切った決断で、試合の主導権を握ろうとしたのである。 「僕の中で …

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

球春到来――。 2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じる。 特に新戦力や若手の話題が豊富で希望に溢れたこの時期は、12球団すべての …

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

広島は2019年7月8日、ナゴヤドームで中日と対戦し2-3で敗れた。先発・九里亜蓮投手(27)が5回6安打3失点と踏ん張るも、打線は5安打2得点と援護出来なかった。 チームは交流戦後、1分けをはさんで …