カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野と松田、巨人の『ナゾ補強』の真意とは…ムードメーカーで期待?

2022年11月27日

長野と松田、巨人の『ナゾ補強』の真意とは…ムードメーカーで期待?

ともに11月15日に入団会見した元広島の長野久義(37)と元ソフトバンク・松田宣浩(39)。巨人ファンの中には「なぜ全盛期を過ぎたベテランを…」と嘆く声も多いのではないか。

「山口オーナーは常々“若手育成に力を注ぐ”と言ってるくせに、これじゃまるっきり逆じゃないか」そんな声も聞こえてきそうだ。長野も松田も今さらレギュラーは難しく、代打要員だろう。が、ともに右打ち。そもそも右の代打には中島宏之(40)がいる。

しかし、この二人の獲得にはメリットもあるという。「巨人は二人を戦力と考えてませんから、若手育成の邪魔にはなりませんよ」とスポーツ紙巨人担当記者が説明する。

罪滅ぼしの意味で受け入れ

まず長野。丸佳浩が巨人にFA移籍した際の人的補償で広島が獲得した。巨人が“いずれ戻す”と密約を交わしたとのうわさもあるが、

「むしろ世代交代を進めたい広島が、長野を持て余した。減額制限を超える契約を提示、つまり事実上の戦力外宣告をしたのですが、実際に戦力外にすると球団のイメージが悪くなる。そこで巨人に“引き取ってくれ”と持ち掛けたのです」

巨人も渡りに船だった。「当時、長野をプロテクト枠から外していたことでファンの不興を買った。そのため、罪滅ぼしの意味で受け入れを決めました」

しかも、「長野は坂本と仲良し。醜聞が露見して意気消沈している彼の話し相手になれば、という狙いもある」なるほど、長野本人が打てなくても、坂本が復活してくれれば儲けモノだ。

一方の松田も似たりよったりの扱いである。

「ソフトバンクで戦力外になり、不憫に思った王会長が巨人にねじ込んだとささやかれています。明るい性格なので、巨人もムードメーカーとしてよどんだ空気の一新を期待しています」

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

プロ野球開幕…セ・リーグ6球団、開幕戦で見えた「課題と光明」は?

プロ野球開幕…セ・リーグ6球団、開幕戦で見えた「課題と光明」は?

3月25日からプロ野球が開幕して各球団は開幕カードを終えた。わずか3試合だが、プラスポイント、マイナスポイントの両面があらわになっている。開幕カードで見えた、セ・リーグ6球団の「課題と光明」とは――。 …

巨人「人的補償逃れ」の『ワル知恵』は無駄骨?FA戦線は、苦戦予想

巨人「人的補償逃れ」の『ワル知恵』は無駄骨?FA戦線は、苦戦予想

「上原浩治」でも疑惑の過去 プロ野球巨人は10月23日に梶谷隆幸外野手、高橋優貴投手、平内龍太投手ら11選手を自由契約にすると発表した。いずれも解雇ではなく、育成選手として再契約する方針という。故障か …

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

日本代表の経験も、来季の糧にする。西川龍馬は今季95試合に出場し、打率.275、自己最多となる5本塁打をマークした。 シーズン中盤までは安部友裕との併用が続き、西川は主に左腕相手にスタメン出場。天才的 …