カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

イチローも…日本人大リーガーはなぜ「引退後」もアメリカに住むのか

2022年12月5日

イチローも…日本人大リーガーはなぜ「引退後」もアメリカに住むのか

今オフ、米メジャーへの移籍が注目されているソフトバンク・千賀滉大とオリックス・吉田正尚。契約が成立すれば家族も同行すると見られている。実は、家族とともに引退後もそのまま米国に住み続けている日本人メジャーリーガーは少なくない。

実際、イチロー氏は現在もシアトル、松井秀喜氏もニューヨークに自宅があり、仕事のたびに帰国する生活を続けている。それは「サンデーモーニング」(TBS系)のご意見番を務める上原浩治氏、最近、バラエティ番組への出演が目立つ松坂大輔氏なども同じで、それぞれ自身のYouTube動画でも明かしている。

「上原氏と松坂氏は選手生活の晩年を日本で過ごしましたが、他にもヤンキースなどで活躍し、最後は古巣・広島で引退した黒田博樹氏、日本球界復帰後はDeNAでプレーした高橋尚成氏も自宅はアメリカ。現役選手でもメジャー帰りで現在はヤクルトの青木宣親も自宅はアメリカに置いたままです。実は、そのままアメリカに住み続ける日本人メジャー選手が多いのにはいくつかの理由があるのです」(スポーツジャーナリスト)

その最大の理由は税制面の違いだという。

「アメリカは主要先進国の中でも個人所得税が安く、平均すると日本より税率が10%は低い。しかも、富裕層ほど優遇されるので億超えの年俸を得ていた彼らがそのまま住み続けるのは当然のことといえます。また、子供の教育を考えて現地に残るケースも多いですね。日本ではないのでプライベートで周囲からジロジロと見られることがない点も大きいようです。外国人メジャー選手は永住権を手に入れやすいため、多くの選手が球団との契約内容に永住権の取得をサポートするという項目を入れていますね」(前出・ジャーナリスト)

渡米の際にはほぼ全員がメジャーへの憧れを口にするが、日本人大リーガーにとって、アメリカは移籍後も魅力に溢れた場所であるようだ。

(※引用元 Asagei Biz

関連記事

打者呆然…キレキレ直球!『平成の怪物』の投球が「まじでかっけぇ」

打者呆然…キレキレ直球!『平成の怪物』の投球が「まじでかっけぇ」

松坂大輔はWBCでは2大会連続MVPに輝いた 3月にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催され、侍ジャパンは世界一奪回を目指す。この大会の第1回、第2回にMVPに輝いたのが松坂大輔だ。“平 …

オーナー会議、2軍だけの新規参入問題は「継続審議」に!過去には…

オーナー会議、2軍だけの新規参入問題は「継続審議」に!過去には…

プロ野球のオーナー会議が21日、都内で行われ、新型コロナウイルス感染予防は引き続き、従来通りの対策を継続していくことを確認した。 また東京に本社を置く企業がオーナーとなり、2軍だけのプロ野球界参入を目 …

新庄ビッグボスがROLAND指名!キャンプに各界へ臨時コーチ打診

新庄ビッグボスがROLAND指名!キャンプに各界へ臨時コーチ打診

日本ハムの新庄剛志監督(49)は19日、2月1日からの春季キャンプ(1軍・沖縄県名護市、2軍・同国頭村)で球界内外から集めた臨時コーチ8人を招集することを明かした。具体名は避けたが、スポニチ本紙の取材 …