カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川龍馬が残留を決め、覚悟を示す『目標』数字/今年こそフル回転!

2023年1月26日

西川龍馬が残留を決め、覚悟を示す『目標』数字/今年こそフル回転!

新シーズンのテーマを問われた西川龍馬は、「本気と書いて“マジ”です」と単純明快な言葉で思いを表現した。「1年間フルでしっかりやったことない。マジで今年しっかりやらないと」と誓った。

オフの契約更改の席上、西川は『(打率)3割25本塁打』という高いハードルを自らに課した。昨季123安打でリーグ2位に相当する打率.315の好成績も、約2カ月間の故障離脱もあって規定打席に19足りなかった。通算打率.298を誇りながら、規定打席に到達しての3割突破は一度もない。

「もう8年目。僕より下の選手も多くなってきている。結果で示していかないといけない」と、覚悟を示す目標数字だった。

バットコントロールは球界屈指だ。ワンバウンドを含めた“悪球”をヒットにしたことは一度や二度ではない。一方で、ボール球に手を出しての凡打も多いことが課題だと自覚もしている。

「甘い球だけを一発で仕留められる力があれば、もうちょっと確率は上がる」。今年で5度目となる鹿児島・徳之島での合同自主トレでは通算打率.307のソフトバンク・近藤健介と密に打撃論も重ね、技術に磨きをかける日々を送った。

オフには昨季中に取得した国内FA権を行使せず、残留を決めた。「気分悪くなるくらい考えました」と熟考の末、新井貴浩監督の「ノー文句で残ってもらわないと困る」という慰留にも背中を押されて決断。

契約は複数年ではなく、単年を選んだ。背番号は巨人に移籍した長野久義から受け継ぎ「5」に。背番号だけでなく、結果でも新たな姿を見せてくれそうだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

クロン、本領発揮の3A本塁打王…エルドレッドの再来となれるか?!

クロン、本領発揮の3A本塁打王…エルドレッドの再来となれるか?!

広島の新外国人ケビン・クロンが開幕を前に、本領を発揮してきた。3月7日のヤクルトとのオープン戦(マツダ広島)で、来日12試合目、36打席目にして待望の一発が飛び出した。 続く9日の阪神戦(甲子園)では …

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

パ・リーグに加入していたら… 本誌創刊の1958年(昭和33年)、広島カープは5位。優勝はおろかいまだAクラスの経験もなく、いつ抜け出せるかも分からぬ長い低迷時代の中にあった。 もちろん、球団の歴史は …

丸が抜けた穴をどう埋めるか、カープが「危機」を4連覇に変える術!

丸が抜けた穴をどう埋めるか、カープが「危機」を4連覇に変える術!

広島が難題に挑もうとしている。2019年、セ・リーグではV9の巨人以来2球団目(3度目)、両リーグでも4球団目(6度目)の4連覇がかかっている。 ただ、シーズン終盤に引退を表明していた新井貴浩に続き、 …