カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

最強助っ人・ラミレスが欠場を直訴したほど「イヤだった投手5人」!

2023年1月13日

最強助っ人・ラミレスが欠場を直訴したほど「イヤだった投手5人」!

【「2種類のフォーク」、「大きく曲がるスライダー」に大苦戦】

――さて、今回はラミレスさんが「現役時代に対戦していてイヤだった投手」を5人挙げていただきたいと思います。真っ先に浮かぶのは誰でしょうか?

ラミレス まずは黒田博樹さん(元広島、ヤンキースなど)ですね。彼のフォークには手も足も出なかった。あんなフォークはアメリカでは見たことがなかったですから。来日1年目の2001年に、僕は9連続三振を喫しましたよ(苦笑)。

――黒田投手のフォークは、他の投手とはどのように違うんですか?

ラミレス 全然違います。彼のフォークボールは2種類あって、右バッターのインコースにツーシームのように食い込んでくるボールと、アウトコースに逃げていくボール。実は、最初の対戦ではホームランを打ったんですが、そこから9連続三振。まったくバットに当たる気がしなかったな(苦笑)。途中までは同じ軌道で向かってくるのに、手元で急に外側に落ちたり、内側に落ちたり……。ボールが細かく動いていましたね。

――「黒田対策」はどのようにしたのですか?

ラミレス 来日1年目に、当時のヤクルト・若松勉監督に「あのフォークは打てない」って相談したら、「じゃあ、振らなければいいんじゃない?」と言われました。そして、八重樫幸雄コーチと「ステイバック、ステイバック」を合言葉に、体重を後ろに残す、前に突っ込まない練習を続けました。それで少しは対応できるようにはなったけど、やっぱり黒田投手のフォークは難しかったですね。

――では、2人目は誰でしょう?

ラミレス 当時、中日ドラゴンズのエースだった野口茂樹さんですね。実は、彼にも9打席連続三振を喫しているんです(苦笑)。左ピッチャーで、あんなにすごいスライダーを投げる投手は見たことがない。

――そんなに大きく曲がるんですか?

ラミレス 彼のスライダーも2種類ありました。右打者の僕から見て、ひとつはアウトコースのボールゾーンから、バックドアでストライクゾーンに入ってくるもの。もうひとつは、僕に当たりそうなぐらいインコースのひざ元に食い込んでくるもの。どちらも回転がいいから、一度止まって、そこから急激に曲がってくるように見えるんです。予告先発で「明日は野口だ」ってわかったとき、若松監督に起用してほしくないことを直訴したこともありますよ。

――何と言ったのですか?

ラミレス 「若松さん、今日の試合、勝ちたいですよね?」と切り出して、「勝利するためにひとつだけいい方法があります。僕を使わないことです」と(笑)。でも、若松監督は「いやいや、頑張って!」と言って僕を使ってくれたけど、やっぱり打てなかったですね。

【ダルビッシュ有は「近くで投げているように見える」】

――最高のやりとりですね(笑)。では、3人目を挙げてください。

ラミレス 3人目は、交流戦で対戦した北海道日本ハムファイターズ時代のダルビッシュ有投手(現サンディエゴ・パドレス)です。彼はスライダーがすごくよかった。やはり、ダルビッシュ投手の場合も2種類を投げ分けていて、ひとつは緩くて大きく曲がるソフトなもの。もうひとつは、スピードが速くて、切れ味のいいハードなスライダー。どちらも本当にすごかった。それに、彼の場合は背が高くて手足も長いから、ものすごく近くから投げてくるように感じるので、すごく厄介でした。

――やはり長身投手の場合、ピッチャーマウンドからホームベースまでの18・44mが、実際の距離よりも近く感じられるものなのですか?

ラミレス もちろん、他にも背の高い投手はいました。でも、多くの投手は投げる時に、センター方向に一度大きく利き腕を引いて投げるので遠くからボールが来るように感じますが、ダルビッシュ投手の場合はそこから「お前の顔に目がけて投げるぞ」という雰囲気で近づいてきて、打者からするとかなり手前でリリースするようなイメージなんです。それに加えて2種類のスライダーを投げ分けてくるし、さらに当時としては最速の部類に入る155キロ前後のストレートも投げてくる。本当に大変なピッチャーでした(笑)。

――では、4人目をお願いします。

ラミレス 4人目は、現・横浜DeNAベイスターズ監督の三浦大輔さんです。三浦さんの特徴は何といっても、めちゃくちゃ遅いカーブ。見たこともないスローカーブの後にカットボールやシンカーを投げてくる。自分の球種の特徴を理解した上で、相手打者が嫌がる攻め方をしてくる、本当に対戦したくないピッチャーでした。

――確かに山なりに近いスローカーブは、外国人バッターにはさらに有効そうに見えました。

ラミレス おそらく、あのスローカーブは日本人打者にはほとんど投げずに、外国人打者相手に投げていたと思います。ワンボール・ワンストライク、ツーボール・ツーストライク、あるいはスリーボール・ツーストライクのフルカウントといった、バッターが打ち気にはやっている時にあのボールを投げてくる。バッターは待てないから、ボールを追いかけてしまって体勢を崩して打ち損じてしまうんです。彼の思うツボでした(苦笑)。三浦投手の時も、ヤクルトベンチからは僕に対して「ステイバック」の指示が出ていました。

――どうしても上体が突っ込んでしまうから、「ステイバック」が大切になるんですね。

ラミレス 理屈はもちろんわかっているんです。八重樫バッティングコーチからも、「センター返し、センター返し」と言われ続けました。でも、内心では「わかってるけど、打てないんだよ!」と思っていましたね(笑)。

【一度、ダグアウトを通過してから曲がってくるカーブ】

――それでは、最後の5人目を挙げてください。

ラミレス 5人目は山本昌さん(元中日)ですね。彼の場合はバックドアの緩いカーブ。リリースした瞬間、一度ファースト側ベンチのほうに曲がって、”ダグアウトの中を通過してから”右バッターのインコースに食い込んでくる。大げさかもしれませんが、本当にそんなイメージなんですよ。ストレートはそんなに速くないので、「今日は打てそうだ」と思って試合に臨むのに、試合後には打てなくてイライラしていることが多かったです(笑)。

――山本昌投手のすごさはどこにあるのでしょう?

ラミレス 今言った緩いカーブと、ツーシームが絶妙でした。バットに当たったとしても、セカンドゴロかライトフライ。打てそうで打てないから余計にフラストレーションが溜まるんです。彼はきっと、速いボールを投げようと思えば投げられたと思います。でも、長くプロ野球の世界で活躍するために、あるいは長いペナントレースを万全のコンディションで乗り切るために、あえて全力の速いボールを投げず、緩急を織り交ぜながら変化球のコンビネーションで抑えていくことを選んだのだと思います。

――日本球界だけでも通算2017安打を放ち、名球会入りしているラミレスさんにも、これだけの苦手投手がいたんですね。

ラミレス 来日してから数年間はいろいろな投手に苦しめられましたが、ヤクルト時代の若松監督、八重樫コーチからいろいろアドバイスをもらいながら、自分でも一生懸命練習しました。あとは自己投資というのか、カメラやDVDプレイヤーを自費で揃えて、相手投手の研究を徹底的に行ないました。そうしたことが少しずつ結果になっていきましたが……ここで挙げた5人の投手たちは、やっぱりイヤでしたね(笑)。

(※引用元 web Sportiva

関連記事

開幕スタメンへ猛アピール!堂林、メヒアに続くチーム2発目の満塁弾

開幕スタメンへ猛アピール!堂林、メヒアに続くチーム2発目の満塁弾

◇練習試合 広島―阪神(2020年6月10日 マツダ) 広島・堂林翔太内野手(28)は、4点優勢の3回2死満塁で、ガンケルの初球のツーシームを左翼席最上段に運ぶ満塁本塁打とした。 初回のメヒアに続くチ …

及川奈央、胸張る41歳のカープ女子!ユニフォーム姿でマツスタへ…

及川奈央、胸張る41歳のカープ女子!ユニフォーム姿でマツスタへ…

タレントの及川奈央(41)が18日までに自身のインスタグラムを更新し、大好きな広島の応援へマツダスタジアムに出かけたことを報告した。 同郷・広島で同世代の女優・鈴木ゆかと一緒に応援した模様で「鈴木ゆか …

フェリシアーノ氏がお立ち台デビュー「雰囲気を何て言っていいのか」

フェリシアーノ氏がお立ち台デビュー「雰囲気を何て言っていいのか」

広島に所属するドミニカ共和国のカープアカデミー出身の選手をサポートするファン・フェリシアーノ氏(39)が通訳者デビュー。前日4日の巨人戦(マツダ)でサヨナラと一発を含む2安打2打点で大活躍のサビエル・ …