カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

メジャー2年目の誠也、さらなるブレイクへ米専門メディアも太鼓判!

2023年1月25日

メジャー2年目の誠也、さらなるブレイクへ米専門メディアも太鼓判!

シカゴ・カブスの鈴木誠也は今季、メジャー2シーズン目を迎える。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバーにも選出され、世界一獲得も視野に入れるなど、今オフも慌ただしいなかで開幕を迎えることとなりそうだ。

昨シーズン開幕前は、メジャーのロックアウトが長引いたことでリーグ全体の活動がずれ込み、カブス入団が3月も半ばを過ぎてから発表となった。スプリングキャンプも満足に実施できないまま、メジャーデビューを迎えている。

開幕後は華々しいスタートを切るも、さまざまなメジャーの壁にも直面し、負傷者リスト入りも経験。それでもチーム復帰後はスタメンとして打線の中軸を担い、ルーキーシーズン「完走」を果たした。

そして、昨季はチームも低迷したものの、1年を通して数字以上に関係者からの評価が高かった鈴木に対し、現地専門メディアからは新シーズンへのパフォーマンスにも関心が寄せられているようだ。

カブスの情報を発信する『Cubbies Crib』は現地時間1月24日、2023年シーズンで昨季以上の活躍が見込まれるプレーヤーの特集を組んでおり、その中でカブスの一員となり、2年目となる背番号27に高い期待を寄せている。

記事では「セイヤ・スズキは1年前のオフシーズンにカブスが獲得した最大の新人選手である。5年契約でシカゴにやってきたこの日本人外野手は、メジャーでの初陣となった4月のナショナル・リーグ月間最優秀新人賞を受賞する快進撃を繰り広げた」として昨季開幕後の活躍を評した。

続けて「そこから、我々はいくつかの浮き沈みを見ることとなった」と中盤から夏場以降をそう振り返っており、その上で「2度目のMLBフルシーズンで、彼が大きな一歩を踏み出す可能性は十分にあるだろう。 彼はゲームだけでなく文化にも順応している」と指摘する。

また同メディアは「アクシデントなどが起きない限り、メジャー移籍の際に彼が最大の国際フリーエージェントとなった理由をしっかりと示すことができるはずだ」として、2023年シーズンへのポジティブな展望を綴っている。

メジャー2年目へ向け、さらには「侍ジャパン」の主軸として、世界一獲得という大仕事も任されることとなった鈴木誠也。28歳、選手としてまさに最盛期を迎えようとしているユーティリティプレーヤーは、今季、さらなるブレイクの予感を抱かせている。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

現役復帰を目指す、新庄剛志氏が自由契約として公示!フリーの立場に

現役復帰を目指す、新庄剛志氏が自由契約として公示!フリーの立場に

現役復帰を目指す元日本ハムの新庄剛志氏(47)が27日、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示された。 06年に現役を引退して、任意引退選手として同年12月1日に公示されていたが、新庄氏の希 …

代表落選も?侍Jを長年支えてきた坂本、山田、菊池の「微妙な立場」

代表落選も?侍Jを長年支えてきた坂本、山田、菊池の「微妙な立場」

代表内定メンバーの中に、常連3選手の名前はなかった。 来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表のことだ。村上宗隆(ヤクルト)、源田壮亮(西武)や近藤健介(ソフトバ …

マエケン魔術、7勝目!データを逆手にとって、3種スライダーで翻弄

マエケン魔術、7勝目!データを逆手にとって、3種スライダーで翻弄

<ドジャース6-3フィリーズ>◇31日(日本時間6月1日)◇ドジャースタジアム 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)31日(日本時間6月1日)=四竈衛】マエケン、またしても快投-。ドジャース前田健太投 …