カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

環境を変えたい時の決断の基準は?イチローの答えに説得力がありすぎ

2023年2月21日

環境を変えたい時の決断の基準は?イチローの答えに説得力がありすぎ

「環境を変えようとする時、どのような判断基準で決断すべきか」

留学や退職・転職など、今の自分が身を置く環境を変えたいと思っている人は少なくないはずだ。だが、その決断は不安を伴うかもしれない。

シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさんが、オリックスグループの公式インスタグラムで、ビジネスパーソンもよく抱えるこの悩みと向き合った。その内容に多くの反響が寄せられている。

イチローさんは誰かの相談に乗る時、「やめといたら?」と声をかけるという。その理由は、深く頷けるものだった。

メジャー移籍「やめとけ」と言われた

イチローさんは「環境を変えようとするときに、何を大切にしてどのような判断基準で決断すべきか、教えていただきたいです」という質問に答えた。

パートナーとの結婚を考えているという質問者は、「転勤の多い今の会社にいるべきか、叔父の会社を継ぐべきか悩んでいます。叔父の会社を継げば転勤はなくなりますが、収入が不安定になるリスクもある」などと打ち明けた。

これに対しイチローさんはまず、「判断基準は自分の気持ちです。もちろん、自分がどうしたいか」と率直に答えた。

続けて、自身の「大きな決断」の例として、2000年に当時所属していた日本プロ野球のオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)からメジャーリーグのシアトル・マリナーズに移籍した時のことを振り返った。

イチローさんは「アメリカに行くというのが、分かりやすく、(当時の自分にとって)大きな決断でした」と述べた上で、「その時は反対ばかりですよ。やめとけやめとけって。『背中を押して欲しいのにな』って思う人からもやめとけやめとけって言われました」と、メジャー移籍を多くの人から反対されていたことを明かした。

イチローさんは「でも、その程度で気持ちが揺らぐようだったら行けないですよ。そんな決断はできない。もうどんな声があがったってその意志がなかったら、結局行けないんですよね」と自らの考えを語った。

1994年から2000年までパ・リーグで7年連続の首位打者のタイトルを獲得したイチローさん。移籍後1年目の2001年シーズンにはメジャーリーグの新人最多安打記録を更新した。その後の活躍は、もはや“説明不要”。前人未到のシーズン安打記録を打ち立てるなど、MLBのレジェンドの1人となった。

(※引用元 HUFFPOST

関連記事

12球団トライアウト、球界OBも思わず涙した再起を願う選手の名前

12球団トライアウト、球界OBも思わず涙した再起を願う選手の名前

11月8日、楽天生命パークで12球団合同トライアウトが行われた。今回は3年振りの有観客で49名が参加し、再起を懸けた各選手による必死のプレーに、球界関係者の視線が注がれた。 各球団で戦力外を通告された …

侍ジャパン栗山監督を最後まで悩ませる「ボーダーライン」の選手の名

侍ジャパン栗山監督を最後まで悩ませる「ボーダーライン」の選手の名

巨人の原辰徳監督(64)が悩める盟友の姿を明かした。10日、客員教授を務める国際武道大学で対面形式では3年ぶりとなる、特別講義を行った原監督は学生相手に熱弁をくりひろげた。 また3月に開催を控える第5 …

まだ続く「白井審判、朗希に詰め寄り」余波…NPBと12球団が会議

まだ続く「白井審判、朗希に詰め寄り」余波…NPBと12球団が会議

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が4月24日のオリックス戦で白井一行審判員(44)に詰め寄られた一件は、まだ余波が続いている。 9日に行われた日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会は騒 …