カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

異例の長期ロードが…新井カープに「春先の不振はヤバい」と懸念の声

2023年3月29日

異例の長期ロードが…新井カープに「春先の不振はヤバい」と懸念の声

開幕ダッシュが絶対に必要だというのに…。3月25日のソフトバンクとの一戦を落とし、広島のオープン戦最下位が決定した。2015年以来の屈辱だ。もっとも近年の広島は、リーグ優勝した2017、18年もオープン戦成績は11位と「春先は弱い」傾向にある。

だが、今季に限ってはそうも言っていられない。

「25日に先発した床田寛樹が心配です。この日は3回5失点、前回登板も5回4失点(17日)でした。昨秋に右ヒジを手術した森下暢仁も“試運転”の状態で、侍ジャパンで腰の違和感を訴えた栗林良吏も、オープン戦に登板しまたが万全ではありません」(スポーツ紙記者)

打線も湿りがち、投打ともに不安要素を抱えているが、今季の広島には一刻も早く調子を上げて、4月中に“貯金”を作っておかなければならない理由がある。

「前半戦、広島は日程的にハンディを背負っているようなものですからね」(球界関係者)

「日程的ハンディ」とは、5月の長期ロード。5月19日からの3日間、広島でG7サミットが行われるために、その準備や警備の都合で、カープは5月8日から22日までの2週間強、本拠地・マツダスタジアムを使えなくなってしまったのだ。

長期ロードといえば、夏の甲子園大会のため本拠地を明け渡す阪神が有名だ。近年ではその8月に阪神が勝率を大きく落とすことはなくなったが、広島は初めての事態。まして、新井監督は就任1年目だ。

「長期ロードとはすなわち、本拠地球場の練習施設が使えないことを意味するんです。阪神は“免疫”ができているけれど、遠征中、選手は限られた時間とスペースでしか練習できません」(同前)

とくに、投手陣の調整が心配だ。

異例の長期ロード明けの1週間後にはセ・パ交流戦が始まる。昨年の広島は、5勝13敗と“1人負け”している。今季もこのまま投打の調子が上がらずペナントレースに突入して、スタートで出遅れてしまうと、交流戦後にV戦線から脱落している可能性もある。

G7サミットの舞台が広島に決まったのは、 広島1区を選挙区とする岸田文雄首相の強い希望だったという。新井貴浩監督の胸中は複雑だ。(飯山満)

(※引用元 Asagei Biz

関連記事

江夏に『強いカープ』復活を誓う!會澤「レギュラーは安泰じゃない」

江夏に『強いカープ』復活を誓う!會澤「レギュラーは安泰じゃない」

球団史上初のリーグ3連覇の翌年は4位、今年は5年ぶりの負け越しで5位。カープの低迷が続いている。 カープOBの江夏豊氏は、チームの精神的支柱である會澤翼(あいざわ・つばさ)を「セ・リーグを代表するキャ …

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

試合直前にキャリア28年の音声マンがつぶやいた。「今、球場の外に子供さんがいませんか?」。聞けば、無観客のオープン戦、いつもの歓声がないスタジアムでは、集音マイクが球場外で遊ぶ子供の声を拾っていたのだ …

新井監督の采配に「よう分からん」…上から目線の『どんでん節』全開

新井監督の采配に「よう分からん」…上から目線の『どんでん節』全開

〝新井さん旋風〟恐るるに足らず! 阪神が首位攻防第3ラウンド、30日の広島戦(甲子園)も快勝し2勝1分けで首位の座を堅守した。破竹の10連勝で乗り込んできた赤ヘル軍団を返り討ちにした岡田彰布監督(65 …

Archives by Month

新着記事